テーマ:デジタルオーディオ

symphonic-mpdを試す(その5)

 動作検証中に壊してしまったかと早とちりして追加購入してしまったラズパイが余ってしまっていて、もったいないので予備機として活用しようと思います。ただしオプション基板のRASDACは生憎1枚しか持っていません。そこで同様のHifiberry digi+proを入手しました。  RASDACと同等のHifiberryDAC+pro…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その4)

Symphonic-mpd(SMPD)のコントローラソフトとしてはpadを使ったympdが基本のようですが、カバーアートで選べないのは流石にチョッと使い難い点もあり、もう少し使い易い方向を考えています。  そこでこの辺の使い勝手には一歩進んだapple系の端末も用意することにして、この際大きめのiPad(中古)を入手しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その3)

 電源チューンで本体側はこれだけになりました。無線ルータの電源もラズパイ側に上手く組み込んで、重量削減とノイズ対策を強化、LANケーブルもコアを入れて対策しました。お陰で本体重量も1.39kgで納まり、ルータを入れても1.6kgと全体でかなり軽量化できました(ノートPCを除く)。  肝心の音の方はますますクリアーに冴えてきて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その2)

 今回のsymphonic-mpdの全容ですが、手前のタッパーに入っているのがラズパイとそのアナログ電源で、奥のノートPCと(共有ファイルの音源)と共に左の無線ルータに有線LANで繋がっています。  操作は右手前のPadからWifiのWebUIで行います。音源ファイルがある奥のノートPCはマイクロPCなどで置き換えられれば全体とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その1)

 rassberyPiのディストリビューションでsymphonic-mpdというのを試してみました。  ラズパイ対応のディストリビューションも色々あり、Volumioも試したことがありますが、音質的にはもう一つというところだと個人的には思っていました。  そこで同じラズバイを用い音楽再生に特化して、ハードもソフトもかなり切り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

FreeDSP SMD A/Bボードプロジェクト(その4)

 FreeDSPボードをデジチャンとしてDyatonとAurasoundで2Wayを作って調整してみました。  プログラムとしてはまずステレオ入力に2Wayのチャンデバブロックを繫ぎその高低それぞれの出力にパラメトリックEQを繫ぎます。高域のみゲイン調整のためアッテネータをいれ出力に繫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

FreeDSP SMD A/Bボードプロジェクト(その3)

 FreeDSPボードですが、内部スルーでAD、DA含みの総合特性を測定してみました。アナログ入出力なので上はチョッと調波歪みが多いですが、今回の測定系ノイズです。  下がその測定系の間にFreeDSPボードを通したときのノイズで、中域に若干細かいノイズが付加されフロアは6dBほど上がっていますが思ったより少ないですね。調波歪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FreeDSP SMD A/Bボードプロジェクト(その2)

 FreeDSPボードが組み上がり、テスト用のサンプルプログラムで動作確認が取れました。  部品点数が多かったですが、特に支障もなく基板の方は組みあがりましたが、案の上プログラムで躓いてしまいました。プログラミング支援ソフトのSigmaDSPのインストールは問題ありませんでしたが、USB接続のFreeUSBiのドラバーが上手く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

FreeDSP SMD A/Bボードプロジェクト(その1)

 三土会町田支部のhiloさんの発起で表題のDSPによる信号処理ボードを作り始めました。チップはTIのSigmaDSPを使った評価用ボードのようなもので、書き込み機を入れても6千円ぐらいの部品代で出来る入門用です。  入門用といってもこのDSPの面白いところはプログラミングが完全にブロック化されて、1行もコードを書かずにプログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PrimeSeat

 あちこち似たようなサービスがありますがこちらは独自?に色々無料配信サービスも行っているサイトのようです。  DSD256(11.2MHz)のStreamingが売りの様ですが、残念ながら手元に上手く使えるデジタルレコーダがありません。ソフトでも最近DSDが扱えるのも増えてきたようでので、何か探そうかな。まあ特にDSDにこだわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Masa邸訪問

 以前からお願いしていたMasa邸をTakeさんと訪問することが出来ました。お近くの駅で待ち合わせ、お昼は恒例?のカレー屋さんでランチ。中々コクのあるルーで美味でした。  早速お宅まで徒歩数分、東南斜面が開けたの見晴らしの良い3階建ての最上階がニスニングルームになっているようです。下階のリビングは陽光が燦燦と当たり明るく快適で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーステレオの復活?

 スーパーステレオというのは昔Dynavectorで発売されていたアンビエントch創生によるサラウンドシステムなんですが、この手は時々やってみたくなるのでいくつか持っています。  このスーパースレテオもそれなりの技術的な目論見がある様で、効能はそれらしく説明されていますが、私には内容的には理解不能です。まあこういうのは聞いてナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッテリー駆動アンプ

 ボータプル用にアンプ系をバッテリー駆動にして試しています。  パワーアンプ(写真中下)は先のニッカド電池32本セット(アンプ側が正負電源と思っていましたが、単電源だったので約20Vに変更、16本づつ並列接続にしています。写真右)を使用、ついでにUSBDAC(写真中白箱)も20V対応としてこの電源を流用しました。  LOGA…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ES9038Q2MDAC(その4)

 DACのI2Sアイソレータの有無でノイズを調べてみましたが、やはりアイソレータの効果でノイズが減っていました。  右上のグラフがアイソレータ有り、右下がアイソレータ無しの997Hz0dB再生波形のスペクトル(efuさんのWG,WS使用)です。  途中入れたアイソレータはDDCのAMANROからの途中ES9038Q2Mに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ES9038Q2MDAC(その3)

 前回の続きでDIYINHKのDDCのアイソレータをはずしてみました。そうするとAMANEROと中低域ノイズ上昇はほとんど差が無くなり、ノイズの差はアイソレータの有無のようです。  前回DIYINHKに使ったアイソレータはISO7240ですが、結構効いていますね。無信号時のノイズレベルも外すと0.10mV->0.16m,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ES9038Q2MDAC(その2)

 DACのノイズ特性を取っていた時に気が付いたのですが、USBDDC(USBからI2S信号を取り出す回路)のAMANROとDIYINHKのバックグラウンドノイズがかなり違います。  解り易く無信号時のアナログ出力をFF400でA/Dし、そのスペクトルを比較した図をあげて起きます。(efuさんのWaveGeratorとWaveS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ES9038Q2MDAC(その1)

 現在のES9039Q2M 3chDACはまあ電源もしょぼいし、3ch分をまとめて作ってしまったのでコモンモードノイズなども有り、将来的には作り直したいと思っています。  そこでこの際、電源強化でどのくらい違いがあるか同じES9038Q2M基板を用いて実験用のシングルDACを作ってみることにしました。  電源は昔のDACのマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ES-9038Q2M 3chDAC(その4)

 その後色々なDACを聞いて、まだまだやることありそうな現行の3ch9038Q2MDACをほぼ1年ぶりに見直してみました。  9038DACはゆくゆくは電源から作り直すつもりですが、その後のシングルDACの経験からも直しておくべき点がいくつかあったのでそちらを先に追加改造します。  基本はやはり電源でまずは残っていた電解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逢瀬WATERFALL Integrated 250

 先日、合同会社逢瀬のWATERFALLIntegraed250アンプ(以下逢瀬)を自宅で聞ける機会がありました。  自宅装置はマルチアンプで専用接続(コネクタ等)になっているので市販アンプが簡単に試せません。そこでミニ対向3Wayスピーカをネットワーク接続でテストすることにしました。アンプ上のケースはそのネットワークケースで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DSDダイナミックレンジと情報量(その2)

 DSDデータの最大値はどうかという質問があったので0dBの周波数特性をスィープで録ってみました。96KHz24bitで20Hzから44kHzまでの0dBスィープを一旦DSFに変換してからPCMに戻しWaveSpectraでピークを測定しいます。  高域までレベルもきちんと出ています(数値レベルは見やすく変更しています)。最高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DSDのリニアリティ

 DSDフォーマット変換を経由した微小領域の直線性を測定してみました。  前回のやり方でDSD64フォーマットを経由して-100dBから-143dBまでの計算値データの変化を測定します。元のPCMデータとDSDとの差分を取っていますが、流石に-140dB以下はPCMでも値は怪しくなります。  それでもDSDも含めてほぼ極…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DSDのダイナミックレンジと情報量

 ちょっと話が難しくなりますが、DSDフォーマットにどの位の情報が入って送れるのかを考えてみました。以前考えていたレベルではDSD64(2.8MHz)だと高域では16bitがやっとで、PCMフォーマットのハイサンプリングに対してDSDは余り優位性ははないのかと思っていました。  構造の考察からではそのくらいかと思っていましたが…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Hypexアンプ

 UcD180STに続いてUcd32MPアンプを入手しました。こちらはローコスト2chデジタルアンプで小パワー(30W4Ω)ながらSW電源込みで50€(ボードのみ、写真のケース等は別)とかなりお安いのが特徴です。思いがけないプチクリスマスプレゼント。  音の方はそれなりにいけますが、一応UcDアンプなのでオーバーオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

foobarを高task priorityに

 ゴンザエモンさんの日記でPCオーディオソフトのプライオリティを上げて聞いてみました。JPLAY以前は確かにそのような事をやっていましたが、その後はすっかり忘れていました。  というわけでDualFoobarでもプライオリティをrealtimeにあげてみます。場合によっては高までしか上げられない場合もありますが、とりあえずレン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DAC比較part1訂正版&追加

 今回は最初にとったSSDAC64の歪率特性の取り直しです。こちらは前報のように測定条件の改良では余り結果が代わり映えしません。  やはり細かい高域の歪列はこのタイプ(多分マルチビット?)の特徴かもしれません。  これだけでは面白くないので、DACのリニアリティも取ってみました。このリニアリティとは例えば1kHzの信号が入出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FGの大地アース

 以前機器の簡易的な大地アースを試していた事もあって、アースラインは敷いてあったのですが、面倒になってそのままでしたが、色々試しに再開してみました。  基本的にフレームアース(FG)のみを落とし、アースループになるので信号グランド側は落としません。まそれでもSW電源やノイズフィルターなどはコンデンサでアースに落ちている場合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラズパイトラポ

 話題のラズパイも3BにマスターモードのPCM5122を載せてI2S(HDMI)も付けて、改めてメインと比較して聞いてみると結構使えそうなレベルだと思いました。そこでこの際電源を作り直して可搬性を良くしてみました。   前のアナログ電源はHDD電源などの流用だったので、不釣合いに重く大きかったのです。これを必要充分な容量にして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ES9038Q2M DSD再生

 最近のDSD再生はDoP方式が主流になっているようですが、マーカが付くのでデータ量が増えるなどハイサンプリングにはちょっと大変です。   個人的には最近はPCMに戻ってしまってDSDはご無沙汰なのですが、ES9038Q2Mの中華基板でもそのままでもシームレスでDSDが再生できるような仕様になっているというのに気が付いて、ちょっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初代のminiSHARCをS/PDIFoutに変更

 初代のminiSHARCのデジタルアウトを直接デジタルでデジタルアンプに繋げられる様、HDMIのI2SからS/PDIFに変更しました。(フルデジタルのデジアンですがHDMIIのI2S入力が無く、S/PDIFしか無いので)  初代デジチャンは入力もS/PDIFで、汎用性を考えると出力もS/PDIFの方が使い易いです。I2Sから…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

nanoSHARCが4chに

 miniDSP社のnanoSHARCkitのファームが更新されて4ch対応になりましたね(grigriさん情報有難う)。従来からハードスペックは4chステレオ対応だったのですが、ソフトが2chしか対応していなかったので私は使いませんでした。  ソフトも4ch対応となるとminiSHARCと比べてもUSBも付いて安価で魅力的なキッ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more