テーマ:ラズパイ

lightMPD(その1)

ラズパイでのSymphonic-MPD(SMPD)と同様にフリーでlightMPDというネットプレーヤがあり、こちらも試してみました。 SMPDと違ってこちらはインストールもかなり手強いのでゴンザエモンさんなどに手伝っていただきようやくインストールできました。Typeも色々あるのですが、こんかいは一番簡単そうなスタンドアロンで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Symphonic-mpdを試す(その12)

 その10でDigi+Proのクロックをルビクロック化して試してみましたが、やはりチョッとオンボードの水晶では専用電源にしてもまだ定位などが定まらず気持ち悪い音なので、ルビでも良いのですが、持ち歩きを考え水晶発振器を換装することにしまいした。使用するのは手持ちなので直ぐ試せるNDKの低ノイズ発振器にしました。  換装とはいえ現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その9)

 Symphonic-mpdがメジャー?アップデートしてV0.9(最新V0.9.2)になりました。  逐次更新されているSMPDですが、私はソフトには詳しくないので中身は良く分かりません。それでもキチンと中身のある改良で更新されているらしいのは頼もしいですね。  早速アップデートしたSMPDを試してみましたが、やはり音の印象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その8)

 SymphonicMPDのコントローラとしては主にiPadでyaMPDを使用していますが、このたびVerUPして1.3になりました。主な変更点はiPad向けに画面を分割表示したことと、カバーアートの縮小化でしょう。  iPadの画面はそこそこ広いので詰め込んでも結構見られます。まあこの辺の表示数を少なくすることも調整でできま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ネット回りのリニア電源化

 メインのネット回りの電源をリニア電源に変更しました。  ラズパイのネットプレーヤは光回線のインターネットアダプタとルーターに有線LANで繫いでいます。音楽データをNASに入れルータ直結です。  当初はこれらの電源は付属のDCパックをそのまま利用していましたが、やはりここプレーやラズパイまで有線でつながるだけに各機器間の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

RasberryPi増強と比較試聴

メインのラズパイによるSymphonic-mpdマシン(SMPD)の機能強化と話題のMFPCとの比較試聴を行いました。 ラズパイの方の改良点は 1.ファンの交換 2.電源増強 3.SPDIF追加 4.アナログアウト追加 5.電源フィルター追加 などです。 1は従来のファンが仮ものなので、流石にちょっと五月蝿い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

RasberryPiの空冷ファン

 簡易型のラズパイも最近の暑さでは難儀だろうとファンを付けてみました。  使ったのは秋月の3cm角の100円ファンですが、定格12Vの所を5V駆動にすると丁度静音ファンになっていい感じです。サイズもラズパイに丁度良い大きさです。取り付けは基板のベースにアルミアングルを付け、そこにファンを取付けています。  音楽ファイルを…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その7)

 SMPDのコントロールソフトはyaMPCを使っていますがこちらも最近1.2.1にVerUPしましたね。  音楽データはPCの共有フォルダーからとっていますが、当初はノートPCを利用していました。PCで余り音はかわらないとおもっていたのですが、ノイズ対策済みのmini-ITXを使ってみたところかなり変わったので、今度は従来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その6)

 相変わらずSMPDですが、外部(共有)データのPCをノートからmini(ITX)PCに変更しました。基本的には音楽データの保存場所はあまり音には関係無さそうなのですが、せっかく余っているminiITXPCを有効活用するようにと使ってみます。  このPCは以前サブ用に使用していたPCでノイズ対策も結構されているので好都合か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その5)

 動作検証中に壊してしまったかと早とちりして追加購入してしまったラズパイが余っていて、もったいないので予備機として活用しようと思いました。ただしメインで使っているオプション基板のRASDACは生憎1枚しか持っていません。そこで同様のHifiberry digi+proを入手しました。  ここはdigi+proではなく、RASD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その4)

Symphonic-mpd(SMPD)のコントローラソフトとしてはpadを使ったympdが基本のようですが、カバーアートで選べないのは流石にチョッと使い難い点もあり、もう少し使い易い方向を考えています。  そこでこの辺の使い勝手には一歩進んだapple系の端末も用意することにして、この際大きめのiPad(中古)を入手しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その3)

 電源チューンで本体側はこれだけになりました。無線ルータの電源もラズパイ側に上手く組み込んで、重量削減とノイズ対策を強化、LANケーブルもコアを入れて対策しました。お陰で本体重量も1.39kgで納まり、ルータを入れても1.6kgと全体でかなり軽量化できました(ノートPCを除く)。  肝心の音の方はますますクリアーに冴えてきて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その2)

 今回のsymphonic-mpdの全容ですが、手前のタッパーに入っているのがラズパイとそのアナログ電源で、奥のノートPCと(共有ファイルの音源)と共に左の無線ルータに有線LANで繋がっています。  操作は右手前のPadからWifiのWebUIで行います。音源ファイルがある奥のノートPCはマイクロPCなどで置き換えられれば全体とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

symphonic-mpdを試す(その1)

 rassberyPiのディストリビューションでsymphonic-mpdというのを試してみました。  ラズパイ対応のディストリビューションも色々あり、Volumioも試したことがありますが、音質的にはもう一つというところだと個人的には思っていました。  そこで同じラズバイを用い音楽再生に特化して、ハードもソフトもかなり切り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Volumio2のDSD Direct再生は?

 VOLUMIOではプレイオプションでDSD Directの指定が出来るので、直接I2S信号にDSDデータが載せられそうです。I2SにDSD信号が載ればSDTrans以外でもI2S経由の再生でES9038が使える様になるかと早速試してみました。  拡張ボードは前回のPCM5122を使ったマスターモードです。これでDSFファイル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラズパイトラポ

 話題のラズパイも3BにマスターモードのPCM5122を載せてI2S(HDMI)も付けて、改めてメインと比較して聞いてみると結構使えそうなレベルだと思いました。そこでこの際電源を作り直して可搬性を良くしてみました。   前のアナログ電源はHDD電源などの流用だったので、不釣合いに重く大きかったのです。これを必要充分な容量にして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more