P2DマルチDAC(その3)

画像

 ポストフィルターをきちんと装備してD2SDAC+DCX2496改がようやく出来ました。使用したOPampはMUSES02を使い、バランス出力はポストフィルター後に反転アンプを付け足しました。

 出力電圧は従来のDACに合わせて1.1Vrmsとして、その時のノイズはデジタル無入力で0.35mVでしたが、デジタル繋ぐと0.55mVまで周期的に変動します。実際のスピーカに繋いで聞いてみても、まあ試聴位置ではあまり気にならないくらいにはなりましたが、じっと耳を凝らせばピュッという音が僅かに聞こえるレベルです。
 大手を振って太鼓判とまではいきませでしたが、自家用にはまあ音の良さを引けば充分という所でしょう。

 T氏の所でも解ったの様にこのDAC低域は異様に伸びているというか、解像度が高いです。中高域も切れが良く音離れも良いのでスケールが一段と上がりました。特に512fsにするそれが一段と増すのですが、残念ながらノイズも増えてしまうので、出力のゲインをもう一息調整する必要がありそうです。

 まだ出来立てなのでこれから細かい所は調整ですね。

"P2DマルチDAC(その3)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント