シェルリード線

画像

 DSDRecorderが出来たのでLPの録音も少しづつ進めている。LPの整備も合わせて行っているが、カートリッジは中央のAT-33PTGが中心だが音が少し開放的過ぎるので、回転シェルから通常のタイプに戻した。そうするとなぜか随分キンキンした音になってしまった。シェルが安物だった為かと思ったが、どうも付いていたシェルリードが怪しい。

 シェルリードの先にはアーム中の細い線とイコライザまで2mもの線があるので、たった数cmのリードで音の影響が大きいと思い難いのだが、思いのほかここ影響は大きいと感じている。

 自前ではケーブルにはこだわらずスピーカでも赤黒100/mみたいなのを使っているし、ケーブルにお金をかけるなら、他に掛けた方がそれ以上音はよくなると思っているので普通はこだわらないが、シェルリード線だけは例外かもしれない。

 ATに最初付け替えたのは単線系のリードだったので、これを他のリッツ線のに替えれてみるとやはり、グッとまろやかになって元に音に近くなる。まあ固定シェルになったので、音はしっかりとして大人しくなるがこの分低域の分解能が上がるし、細かい音も良く判る。

 あまったリード線は右のDorianが逆に柔らかすぎてあまり出番が無かったのでコイツに付けてみると、こちらでは従来の甘い音が締まってきて相性が合いそう。この辺は組み合わせの妙か。

まあともかくアナログも楽しめそうになってきた。
 

"シェルリード線" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント