ツィータの歪率

Tw-dist-90dB-50cm.jpg
 ベリリュームツィータとマグネシュームツィータの個性の差の原因をつかむためにとツイータの高次調波歪みをとってみました。

 とりあえず悪い?と思われるマグネシュウーム振動板のSEAS-EXCELのT29MF001を測定対象にしてみます。

 測定装置はOmniMICで音圧は軸上50cm(時間窓5ms)で音圧レベルは約90dBと聴感でもかなり大きな音にしていますが、これはグラフを見て分かるようにこのくらい音量を上げないと歪が見えないからです。80dBでは歪みは室内の暗騒音レベル以下で判別不能。(2次ー赤、3次ー紫、4次ー緑、2-5次総合ー青,600HzHPF-LR24dB入り)

 結果から見ると全帯域に渡って調波歪みは総合でも0.3%以下とかなり低く、2次でも0.1%強、特徴的なピーク周波数もありません。残念ながら歪では個性は判りそうにないという結果ですね。ベリを測っても無意味かな。

 

低域のfoダンプ(その2)

sealed-paraR.jpg
 実際のfoダンプのインピーダンスグラフは上の様になりました。

 緑の線がダンプなしのウーファの密閉時インピーダンスカーブで、赤が高いほうの共振周波数(P2)のLCR共振回路のダンプを掛けた時で、黒が低い方(P1)も両方掛けた場合です。

 グラフを見ても分かる様に、密閉状態でfo周波数がP2より少しさがったのでP2のみの共振ダンプではピーク周波数が少しずれて少しダンプしきれない感じです。まあそれでも無いよりは大分良いのですが、更にP1を加えるとようやく全体的に抑えられている様に見えます。

 まあ本来ならP2のみ周波数を合わせ直せば良いのですが、まあP1の有無で音質的にも色々変化が楽しめそうなので、当面これでいこうかと思います。

低域のfoダンプ

sealed-buss.jpg
 中高域のfoダンプを考えてみたが、低域もバスレフから密閉に変更しているので変更が必要か再考してみた。

 元々低域はバスレフに合わせて2山のfoダンプしていたが、密閉になれば当然低域インピーダンスは単峰となるのでその差を確認してみた。結果元々バスレフポートのチューニングが低く設定してあったので、図の様にバスレフのインピーダンスの山(低いほうからP1とP2とすると)P2は密閉のfoのピーク周波数とそう変わらなかった。

 それでバスレフの場合でも対応するようP2のダンプはそのまま残し、P1のみSWで切り離せるようにしたがそこまでする必要は無さそう。ただしP1のfoダンプの有無でも低域の質感は若干異なるようで、入れたほうが締まり外すと量感が増える。まあこの辺は気分で変えても面白いかも。

中高ユニットのfoダンプ(その2)

PARC+BliSMa.jpg
 前回行ったインピーダンス補正の回路はこのようなものです。単純にLCRの直列共振でfoのピークにあわせています。共振周波数はLCで決まりますが、裾野のブロードさはQ値で決まるのでスピーカのインピーダンスカーブに合わせます。つまりL値が大きくなると広がる訳です。

 実際にインピーダンス補正をスピーカに付けて色々聞いてみると、若干ながらやはり違いは出ますね。補正が有った方が音像が締まり、ピントのあってくるような感じです。無しのホワッとした軽い雰囲気もそれなりなので、この辺は求める音像の好みかも。

 周波数特性は若干ながら変わりますが、それほどのことは無いのでやはりユニットのfo共振をダンプしているのかな。

中高ユニットのfoダンプ

R-para1.jpg
 PARCのミッドとBliSNaのツィータにパラに直列共振回路を入れてfoをダンプしてみました。以前のATCとDynaudioのユニットの場合にもしていたので、同様に今回のユニットでも試してみようと思ったところです。

 補正の具合はグラフの様で、左がツィータの右がミッドのインピーダンスカーブになります。緑線がユニット自身の、黒線がダンプ後のカーブを示しています。ネットワークの場合にはユニットインピーダンスの補正は必須ですが、マルチの場合には通常定電圧駆動(低インピーダンス駆動)ですから基本的には特性に影響は無く、余り意味の無い付加回路のはずですが、微妙に音に影響が出る様に思います。

 ということで物は試しでFoダンプ回路を付けてみました。SWで簡単に切り離せるのでオン。オフでじっくり比較してみたいと思います。