バッフル違いによるツィータのポーラパターン(その3)

shelf-unit3.jpg
 色々水平ポーラパターンを録ってみると前回のSeasのデータを見ても周波数特性の凸凹に特徴があり、バッフルだけでなくツィータボックスの形状による影響が思ったより大きいのではないかと気が付いた。サイドエッジの反射もあるが側面や背面の形状が効いていると思われたので、実験としてSeasのツィータスタンドとして使っていたロの字型のバッフルの縦横の場合を比較してみた。これはサイドの面があるかどうかがポイントとなる。

 結果は図の上のポーたパターンで下の写真と対応している。条件は前のパターンと同じ。

 パターンを見て判るように左の側面が無い縦置きのスタンド(ボックス)では周波数特性の凸凹が大きく、軸外の周数特性も中域よりになっている。右側の横置きとした側面のあるパターンはそれと反して全体に滑らかで特性もフラットに近い。

 実際音を聞いても思っていた以上にかなり違いがある。縦置きの場合はメリハリはあるが中域にピークを感じうるさい場合もあるが、横置きは滑らかで大人しく、響きの細部も良く聞きとれるなど結構違う。

 縦置きのサイドが空いているツイータボックスでは前後の板からの反射で指向特性が乱れているのではないかと思われる。こうなるとベリのボックスは背面が空いていたのでこれも影響があるのかもしれない。次回はベリの背面を塞いでも確認してみた方が良いかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント