軽負荷用フロートボードの製作(その3)

i-FLOAT2-2.jpg
 フロートボード(金具)組み立ての続きです。

 ワイヤーの端末処理が出来たら、いよいよ金具の組立てです。
圧着端子の付いていない方のワイヤー端で2個の金具の折り曲げた端の穴をくぐらせます。この時金具の面と方向を間違えないように。一旦カシメてしまうと修正が効きません。写真を見ながら良く考えて組み立てます。

 通したワイヤー先に写真の様に最初と同様に圧着端子を1ターンからげて通します。

 カシメる前にワイヤーをピンと張った状態で圧着端子のM3の穴中心間距離が85mmになる様に調整します。此処はなるべく精度良く±数mmぐらいに慎重に。片側を引っ掛けてテンションを張った状態で長さを合わせ一気にカシメます。出来上がったら穴間距離を確認しましょう。

 後はネジとワッシャ、ナットを使って最初の写真の様に圧着端子付きのワイヤーと金折りを組み立てます。

 次はボード(板)への組み込みです。