PARC対向SPの復活(その4)

F131PPtaiko.jpg
 PARCのDCU-F131PP対向スピーカに使っているツィータはTymphany(Peerless)のXT19TD00-04と同系統のOT19NC00-04です。デュアルコンセントリック・ソフトドームツィーターとしてこのタイプはCPも高く有名ですね。OT19NC00-04はネオジ系の磁気回路なので小型でフランジが無い分固定には工夫が必要ですが、形状が小さく出来るので点音源的な使い方が出来るのが特徴でしょうか。

 勿論OT19NC00-04でも充分音は良いのですが、手元に同じリングツィータとして25Φの振動板で上位のXT25TG30-04が遊んでいたので、代わりにこちらも試しにと繫いでみることにしました。

 周波数特性的にはOT19NC00-04の方がフラットで使い易いくらいですが、XT25TG30-04は能率が良いので中低域のレベルがかなり高くなっているので補正が必要になりそうです。まあマルチで使えばその辺は簡単ですが、ネットワークだと少し工夫がいるかもしれません。

 鳴らしてみるとツィータの振動板が25mmΦと大きいためか音圧もしっかり出て、流石に高域の品位も高いようです。まあ大きさから考えればOT19NC00-04もかなり頑張っているとはいえると思います。

 XT25TG30-04だと現行のクロス2.5kHzよりもっと下げても良いかもしれません。今度はウーファを左右向きの対向としてクロスをもっと下げてみましょう。