RasPi4B対応Symphonic-MPD(その4)

LANcable.jpg
 Raspia4BのLANケーブルを写真の100BASE-Tの4線ケーブルに交換してみました。通常今のLANケーブルはツイストペアx4の8線が普通ですが、100BASE-Tは基本ツイストペアx2の4線で行う規格の様ですから4線でも充分使え、その方が音が良いという話を聞いて試してみました。

 4線でも接続は問題なく、音出しも普通にできました。肝心の音質はプラセボかもしれませんが、確かに若干見通しが良くなり、音像も安定してきているようで、やはり効果は有りそうです。
 たまたま4線のLANケーブルが有ったので交換してみましたが、中々市販では無さそうなので、自作用の端末カシメ器が手元に無い場合は4線分カットするアダプタを作るのが早いのかも。

 低音側のアンプ交換もあってメイン装置は音量にかかわらず音質が安定し、この所グッと良くなってきました。まあ余り外出はできないのでじっくり音楽を楽しむのも良いかと思います。