lightMPD(その4)

raspi4-3.jpg
 raspi4のlightMPDの立ち上げが安定せず困っていました。サーバーが見つからなかったり、レンダラーがうごかないなどの不具合が多発します。考えてみると電源のデカップリングコンデンサ容量が大きいいので、電源の立ち上がりが鈍り上手く起動リセットが掛かっていないようです。早速確認用にraspi4の5V用に後からもう一つSWを追加して(写真右)、十分電圧が上がってからraspiを起動する様にしてみました。

 やはりこれでほぼきちんと立ち上がるようで、機能的にも問題無さそうです。本来だと遅延リレーでも入れたほうが良いかもしれませんが、まあ自分で使う分はこれでも良いかと。