lightMPD(その3)

raspi4-2.jpg
 RaspberryPi Ver4のlightMPDをSMPDのRASDAC(HifiberryDAC+)と入れ換え(写真)ちゃんと電源とクロックを整備して以前の3Bに入れたlightMPDと聞き比べてみました。

 ただし、V4はUPnpモード(ServerはNAS)でコントローラはfiMusicAppを使用、3BはスタンドアロンモードでコントローラはyaMPCです。
ちなみに電源は3電源2トランス出力はどちらもHDMIのI2S出し、クロックはNDKのNZ2520SDA、音源は同じNASからです。

 V4はB3と比べると同じlightMPDでも大分音の質感が異なります。B3がすっきりと明快なのに比べてややマッタリ、ゆったり系でソフトな印象です。その分中低域の厚みがあり、高域の緊張感を感じずに済みます。どちらかというとクラシック向きという感じでしょうか。V4は余り音を考えずに落ち着いて音楽が聞ける感じですね。
 それぞれで音の印象が変わるので実際にはレベルバランスをそれぞれ最適に取り直す必要がありそうです。

 なおV4はハードがきちんと立ち上がってからソフトを立ち上げないと上手く認識しないようです。初回にミスる確率も高いようで、まだ調整が必要な点が残っているのかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント