symphonic-mpdを試す(その4)

ipad1.jpg
Symphonic-mpd(SMPD)のコントローラソフトとしてはpadを使ったympdが基本のようですが、カバーアートで選べないのは流石にチョッと使い難い点もあり、もう少し使い易い方向を考えています。

 そこでこの辺の使い勝手には一歩進んだapple系の端末も用意することにして、この際大きめのiPad(中古)を入手しました。

 これで使い勝手の良さそうなyaMPCを何とか動かすことができる様になり一歩前進?のつもりでしたが、一時カバーアートが出ずに(これはandroidも同じでしたが)これでは折角の意味がないので何とか表示させるよう苦労しましたが、共有ファイルのセキュリティ?の問題らしく、この辺は試行錯誤で何とか復帰(というかまともに)なりました。(この辺が写真の結果)

 今はまだ音楽データベースが仮なのでカバーアートも抜けだらけですが、今度はこの共有ファイルを従来のメインHDDから取れるようにして本格稼働を目指したいと思います。

この記事へのコメント