FreeDSP SMD A/Bボードプロジェクト(その1)

画像
 三土会町田支部のhiloさんの発起で表題のDSPによる信号処理ボードを作り始めました。チップはTIのSigmaDSPを使った評価用ボードのようなもので、書き込み機を入れても6千円ぐらいの部品代で出来る入門用です。

 入門用といってもこのDSPの面白いところはプログラミングが完全にブロック化されて、1行もコードを書かずにプログラミングエディターでプロック間の接続を変えるだけでプログラムが出来るということでしょう。

 この方法はほとんど素人でも自分の考えた構成のDSPシステムが出来ることで2入力4出力の範囲で色々なことが出来ます。

 まあまずはボードの完成を目指して部品実装中です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック