ND-140スピーカ

画像
 DaytonのND140-8を使った(サブ)ウーファを作ってみました。今回のねらいの音質よりも軽量化なので、相変わらず200φのボイド管を使用します。容積は10L(高さ36cm)ほどのバスレフタイプで重量は@1.54kgに収まりました。12cm対向でも1.86kgですから、最軽量?かな。

 一応スピーカユニットはMIDBuss用ということですが、測ってみるとフルレンジでも使いそうな感じです。まあ、ちょっと中高域は暴れ気味(黒線)なのでコンボルバで補正を入れて(赤線)としても使えるか試しています。

 こうすると音の方はかなり素直な感じになりますが、補正無しでも結構元気の良い感じで使えます。

 ローパスフィルターを入れてウーファやサブウーファ用に使うつもりでしたが、2Wayのウーファまたはフルレンジとしても使えそうですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック