大創スピーカ(その3)

画像
 そのままシングルでエンクロージャを作ってもよいのですが、シングルではパワーも入らず能率も低いので、ここは音圧を稼くために複数使用を前提に考えます。

 折角の複数使用ですから、まずは対向にして使ってみようかと思っています。対向は立ち上がりの改善に効果的で切れの良い音が望めます。ユニットのつくりを見てみるとエンド(底)のヨーク面が平らなので対向するにも使い易いです。

 スペーサを挟んでユニットは対向にしてバッフルと共締めにしてとめることにします。後は全体のエンクロージャをどうするかですね。いつも対向はこの辺が難しいのが難点です。まあゆっくり考えましょう。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック