DCU-F081PPポールスピーカ

画像
 PARCのユニットが遊んでいたので何時ものボイド管につけてポールスピーカを作ってみました。

 ユニット取り付け部分は昔のツィータボックスを流用、本体の100φボイド管とはちょうど良い感じではまります。ボイド管の方の長さは80cmと1mの2本があったので比較してみました。底は開放です。

 勿論長いほうが共振周波数が下がり低域は伸びるのですが、流石に1mは少しユニットの位置が高いせいか聞き比べた感じでは80cmの方がバランスが良さそうです。

 ボイド管の中央付近には吸音材を差し込んであります。やはりこれが無いとボーボーと共鳴音がして周波数特性もうねりが残りますが、吸音材を入れるとかなりフラットになります。

 測定では高域はやはりだら下がりですが、まあ室内だとそのままでも結構聞けますが、やはりちょっと補正した方が良さそう。

 非常にシンプルなエンクロージャですが、ユニットがよいのかなかなか聞ける音がしています。良さそうだったらお化粧して端子を付けてみましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック