foobarによるDualPC再生(その2)

画像
 DualFoobarが中々良いのでメインPCにもインストールして見ました。構成の概略は次のようです。(写真中央のPCはサブ機のです)

 RemoteDeskTop  富士通:FMV-BIBLO NF70X Windows Vist
             ↓
             wifi
             ↓
            USB-LAN変換アダプター
             ↓
 CONTROL-PC INTEL i7(WS2012R2) ← 音楽データHDD
             ↓
           リバースLANケーブル
             ↓
   AUDIO-PC INTEL i7 (WS2012R2)
             ↓
           INTONA(USBアイソレータ)
             ↓
           XMOS DDC
             ↓
          miniDSP以下同様

 AUDIO-PCは流石に一旦coreモードを解除してFoobarの設定と動作を確認しました。foobarは常時起動している必要がありますから、AUDIO-PC側と同じ様に自動起動モードにしています。お陰で設定後は両PCは以前と同様にI/O機器がまったく無くとも電源ON/OFFだけで使えることになります。

 こうなればAUDIO-PCはまったく触るところが無いのでcoreモーにも戻せそうですね。またその内また戻してみようかと思います。

 LAN等の設定は前のサブ機と同様で特に問題はありません。一発で安定して稼働しています。LANのグループ分けも以前からやろうと思っていたのでこの機会にHUBを外し、直接リバースケーブルでつないだところこれも音質的に良い効果がありました。

 流石にメインはサブ機よりもぐっと重心が下がって落ち着いた音になります。DualFoobarのストレートな音がやや抑えられて素直な感じになり、やはり此方の方が良いですね。

 復活したサブスピーカのPARCのDCU-F131PP対向が結構よく、101Gよりパワーが入るのでダイナミックレンジも充分余裕があり、まずどんな音楽でもいけそうです。オールマィティなパフォーマンスを発揮してくれ、復活をやってみて良かったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック