SP測定

画像
 最近取ったスピーカの測定を見直してみました。同じ室内ですが、部屋が違うのでデータも異なってきます。今回は和室なので反射の影響が少ない様です。上がPARCのスタガード2Way、下がSeasの2Wayです(どちらもマイク距離1m)。

 前回は後壁反射で低音が伸びますがその影響で今度は70Hz辺りにディップが出来てしまいます(14日と26日のデータを見るとよく解る)。今回壁から離して取り直して見るとやはりこの辺がフラットに出ます(17日も和室で同様)。
 まあその分低域が伸びないのは実力が出ているからで、まだ中域のうねりが残るのはやはり室内の影響でしょうか。室内測定ではこの辺が難しいところです。

 大体PARCは低域は60Hzぐらいが実力で上手くいけば反射で40Hzぐらいまで、Seasは実力で40Hz反射で30Hzぐらいは行けます。流石にSeasは振動板サイズも大きいので低域は余裕がありパワーを入れても歪が上がらず崩れません。むしろこちらは10K以上の高域が伸びていないのがすこし気になります。


 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック