mini2Way(その3)

画像
 ミニ2Wayも仕上げの段階になりました。

 基本的な所は出来ているので、後は細部の仕上げです。

 見えませんがウーファの背面の座繰りを広げて抜けを良くし、ツィータ取付もバッフル面への落とし込みをしました。まあこの辺は細かく見れば違いは出ますが、聴感上はどうでしょう。ポートは少し低域が出すぎなので最初の55Hzから45Hzに下げました。

 後はとりまとめがしやすくなるようにネットワークも内蔵にしました。音響的には外付けの方が良いとは思いますが、使い勝手は流石にこちらの方が楽です。またバナナ端子が一つ減るのでその辺も良くなるかも。ネットワークも基本的には換えてはいませんが、若干高域アクセントを追加しました。

 特性図ではバッフルステップ補償は入れていませんが、やはりひろいところでは必要でしょうね。

 背面はシンプルにシングルワイヤで、実用上は黒檀ブロックで少し傾斜させた方が良いかも。重量は約5.5kg/個。

 中々音離れも良く、小型ながら音楽を楽しめます。アンビエントやセンターchに使えそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

grigri
2017年08月14日 21:19
 違っていたらごめんなさい。
 2.8kHzでReverse nullが生じている様に感じます。
ケン
2017年08月15日 08:29
 2.8kHzのディップはツィータ単体でも出ているのでReverse nullではありません。
 ツィータ自体では出ていないのでエンクロージャの影響とは思うのですが、段差のためかどうか対策等も色々試してみましたが結局良く解らずこの状態が今の所ベストです。総合的には2dBほどのディップなので影響は少ないと思います。(グラフ目盛は3dBです)

この記事へのトラックバック