光デジタルの怪

 サブスピーカ用にSTAのデジタルアンプを使用していますが、デジタル入力(光)でどうもよく解らない現象が出ています。

 アンプ系はTOSLINK入力でDIRはCS8415A、これでI2Sに変換した後、ラステームのRSDA302P(STA328使用)のデジタルアンプに繋がっています。
 ここにDDCとしてDIYINHKのXMOSからS/PDIF信号(TOTX177使用)を送るとアンプ側でロックはするのですが、音が出ません。

 同じ状況で問題ののデジタルアンプはエレアトさんのUDA(DDC)からのS/PDIF信号(光に変換)では音が出ますし、ポータブルプレーヤのAK-100からの光デジタルもちゃんと動作します。

 DIYINHKはメイン用としてチャンデバ(HDMIのI2S伝送)のDCX2496で受けていますので特に問題は無さそうですが、相性?なのでしょうか。もちろん同軸(光)でも他のデジタル機器だとちゃんと受けています。


 つまりXMOSとSTA328の時のみうまく繋がらないということになりますね。はて、デジタル伝送で何かそんな条件がありましたでしょうか。(fsは44,88,96kHzでも同様)どうもよく解りません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

audio fun
2017年03月05日 18:48
こんばんは、

私はラステームのデジチャンを現在使用していますが、以前にお話をしたことがあると思いますが、SPDIF接続でヤナさんのES-9018K2Mがロックしない現象が起こってしまいました・・・

そこで、間にヤナさんのジッタークリーナーを間に入れたところ、問題無く動作してくれました。
どうやらラステームやDEQXはクロックの精度が低い故に、元のSCLK信号が不安定で、ロックしない時はそちらを対処しなければいけないのかな?

と思っています。

この記事へのトラックバック