高橋和正邸訪問

 先日ユニウェーブやMFBシステムで有名な高橋和正さんを久しぶりに訪ねました。

 じつはA&Cの社長さんとは長年のお付き合いとかで、そちらの方との話で話題になり、久しぶり(ブログをたどると2009年なので8年ぶり)の訪問となりました。

 生憎写真を撮り忘れたのですが、既にユニットは昔とはツィータ以外は変わっていましたが、もちろん全てMFBタイプに改造されているものです。

 久しぶりの再開でお話も盛り上がるなか、現在のシステムでも色々聞かせていただきましたが、低音伸びと切れの良さ、中高域の静かさと余韻の卓越した描写などやはりMFBの良さが生かされた世界でも唯一?な貴重なシステムだと思います。

 5.1chやFront3chなどもマルチも試聴でき、オペラを臨場感豊かに楽しめる工夫もいろいろありました。

 相変わらずお元気で、以前と変わらない気さくなお話ができ楽しい一日でした。

この記事へのコメント

grigri
2017年03月01日 08:20
高橋和正さんは、オーディオ評論家というより、数少ない少ない正統派の研究者ですね。
ケン
2017年03月01日 11:29
 そうですね、そういう意味では自作派に近いのかも。

この記事へのトラックバック