DCX2496新基板

画像
 最新のDCX2496の中を見る機会があったのですが、DSP基板が一新されていますね。以前からも何回か改版されてはいましたが、チップの変更程度で基本は変わりませんでいたが、今回レイアウトからまったく新規です。

 チップやコネクタ配置から見て、基本的な回路構成は変わっていないようですが、ネジ位置からして基板の互換性はありません。

 どうやらメモリーカードがなくなったことから、裏面実装部品を無くして全て表実装に替えたようです。まあコストダウンでしょうがないですが、電源回路も少し変わったようで確認が必要ですね。
 背面のアナログ基板も新規になっています。

 ROMはV1.18となっていて、LEDの色見が少し変わっていますが、機能には変化は無いようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

grigri
2017年02月25日 21:22
 ファームが、V1.17からV1.18に更新されてますが、相変わらず32Pinのフラッシュ・メモリにファームを書き込んでいるのですね。
ケン
2017年02月26日 08:22
 基本設計は変わりません(変えられません)からね。よくIC部品が残っていると感心します。かなりの量ストックしているのでしょうか。
 それにしても寿命が長いです。

この記事へのトラックバック