STAXアダプタの改造

画像
 イヤースピーカのSTAXのΛ用に専用ドライバとしてSRDXproを使っていますが、内蔵のパワーアンプが大分古いパワーIC(HA1394)なので今一つ?気分的に物足りない感じがします。

 そこでインピーダンス変換のトランスのみ利用して外部アンプが自由に選択できるように外部パワーアンプ駆動用に改造してみました。

 DCバイアス回路と出力トランスのみ利用するようにして、パワーIC部は切り離し、外部入力端子を追加します。バイアス昇圧回路はあまり電流は食わないので、内蔵電池は006Pにして一応外部DCパックも使えるようにしています。

 音の方は流石にSTAXなので爽やかですが、アンプも選べる様になったので面白くなりそうです。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック