USBDACノイズ対策

画像
 AMANERO384+ES9018K2MDACですが、途中のケーブルが長すぎてちょっと気になりましたので、この際ノイズ対策も兼ねてDDD基板とDAC基板の間にコモンモードフィルターを入れたケーブルに換えてみました。

 接続はグランドを入れて(BCK,LRCK,SDATAと)4線あるので少し細めのホルマル線(0.15mm径)にしましたが、ちょっと細すぎたかも知れません。細くて扱いが結構面倒なので入れば0.2mmぐらいでも良いかも。

 この4線をまとめて通しますが、5穴フェライトに2.5回巻き2個とファインメットビーズ3回巻き1個の直列で様子を見ます(本当は倍ぐらい欲しいところですが)。

 後は電源(DCパック)とUSBにもフィルター付きを用意しました。上の結線はフィルターなしのも作ってみて、完全ノーマルとフィルター付きの比較が出来ます。


 全部有りと無しではやはり相当差が出ますね。付けると滑らかに静かになって、余韻が良く聞こえます。分離も良くなって一気に普及機が高級機に変わったみたい。
 今までDDDの前後の配線をフィルタリングしてみたことは有るのですが、内部も結構効きます。これはDACの基板間もフィルターを入れたほうが良さそうです。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック