USDAminiDDC

画像
 ElcdtrArtさんのUSDA_MINI_HDMI2基板をケーシングしてみました。

 折角の基板をバラックではもったいないので、その小型な所を生かして携帯用に小さくまとめてみました。

 基板上にはHDMI(I2S)コネクタがありますので、オプション基板のS/PDIFと合わせて80mm角に収まりました。電源は5VのACパックを使い、いつものノイズフィルターを入れただけです。

 Fs表示も付けたかったのですが、今回もお預けにしました。後からでも追加できそうですのでこちらは又の機会にします。

 専用ドライバーを入れれば高性能DDCとして使え、Latency調整もできJPLAYにも対応して音質的にも良好な基板です。小型でも充分使えるminiDDCができました。

 基板が相変わらず入手難というところが難点ですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

grigri
2016年07月14日 09:46
 汎用性があり、小型で良いですね。
 先日聴かせていただきまして、DIYINHK(XMOS)とUSDA_MINI_HDMI2(FPGA)とでは、音が大分異なるように感じました。
ケン
2016年07月14日 21:58
 エレアトさんのUSDAとDIYINHKのXmosではやはり音の傾向は違いますね。まあどちらが良いかは好みの範囲ですが。
 ちなみにクロックは同じ銘柄です。

この記事へのトラックバック