ディスクリートマルチビットDAC追製作(その1)

画像
 もう一台マルチビットディスクリートDACを作る部品が残っていたのでボチボチ作り始めていましたが、ようやくモジュール基板4枚が組みあがりました。

 ディスクリートDACは復活編で以前に作ったセットを活用していますが、部品セットの状態でまだもう1台分あったので低音用にもう一台作ってみようと始めていました。

 抵抗選別は終わっていたので、まあ楽かなとは思っていたのですが、流石に288本の抵抗と64個のIC付けとなると結構大変です。

 ようやくモジュール基板が4セット組みあがり、動作テストとMSBの調整も終了、何とか完成の目処が立ってきました。

 あとはケースと電源、DCオフセットキャンセラーに保護リレーなどですが、まだまだですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

grigri
2016年05月17日 23:26
 ディスクリートマルチビットDACですか~音良いですね。シングルビットDAC特有のΔΣノイズが無く、希少価値から一生の宝物ですね。
ケン
2016年05月18日 07:53
 色々なDACに電源フィルターを付けると、どうも効き方が違うような気がしています。
 マルチビットDACは付けなくても良さそうなので、元々発生ノイズが少ないのかもしれません。

この記事へのトラックバック