USB-I2Sアダプタ(その3)

画像
 前回Windwosで調子悪かったDIYINHKのUSBインターフェースですが、ドライバーを最新のもの(V2.23)にすると復調しました。
 どうもドライバーが合っていなかったようです。(WIN7)送り出し側もHDMIの1chドラバーに置き換えました。

 WinからはASIOでつながり、音も良さそうです(192KHzfsまで確認)。Fs表示があるので送り出しのサンプリングレートが見えるは便利で安心できます。

 ただし、AudioGateV3(4)でDirectSoundだとソフト表示のFsとUSBでうけたFsが違います。ソフトではハイサンプリング表示ですが、USB側受けているのは44.1kHzfsになってしまいます。
 PCの仕様かな。WASAPIも同様。インターフェースの問題かも。まあASIOで動いているので問題は無いのですが。

 ところが肝心なLinux(Vortexbox)で動きません。デバイスは認識しているのにデータビットが送られていないので音が出ないのです。以前は出たと思ったのに?困りましたね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック