ゴンザエモン邸訪問

画像
 昨年末に伺ったゴンザエモンさんの所にaudiofunさんと、takeさんと行ってきました。今回はその後のノイズ対策の効果と、audiofunさんのA/D完成に合わせて鳴き合わせ試聴をしようというのが主眼です。

 ゴンザエモンさんの所は多少のレイアウト変更はありますが、基本的には変わりません(すいません写真旧のです)。ただし、DSDが徐々にまとまってよい感じになってきたそうです。

 色々聞かせていただきましたが、全体にスッキリとシャープになって、確かに雑実は減ってきたようです。クロスの減衰量も若干変更がありその辺の影響もあるかも。大分完成度も上がってきたようなので前回のような大きな変化は無いようで、安心して聞けますね。

 これからは入力系も手を入れる予定で、当日も新しく購入して届いたアルミシャーシのPCケースを見せていただきました。完全なファンレスにされるようで今後の進展が楽しみです。


 A/Dの方はaudiofunさんのが藤原さんキットのPCM4222使用版,ついでに私が昔electroartさんのUSBRecorderで使った(PCM4204)を参考に持参しました。後は現行のDF-55のA/Dです。

 audiofunさんと私のは同じTI系のA/Dですが、意外に結構音色は違いました。最新のPCM4222の方がシャープでPCM4204の方がアナログチックで面白かったです。
 まあチップだけの音色でもなくアナログ部の音色も加わった結果だとは思います。

 アキュのチップは不明ですが、音色はその中間ぐらいでしょうか。A/Dもそれぞれで中々難しいですね。



 

この記事へのコメント

ゴンザエモン
2016年02月27日 13:23
こんにちは。

A/Dコンバータによる音の違い、あまり意識しておりませんでしたが明確に判るほど違うものなんですね。アナログディスクの音源をデジチャンに入れる方法も考え直さないと、と考えています。

ファンレスPCですがケースの到着が一日早ければお聞かせできたのですが、ちょっとタイミングが悪かったですね。マザーボードとCPUへのノイズフィルターはやはりばっちりでした!
ケン
2016年02月27日 19:38
PCケースを聞きそびれて残念でしたが、次回の楽しみにしておきましょう。フィルターの効果があってよかったです。

この記事へのトラックバック