DAM1021(その4)

画像
 dam1021DACですが、あまりいじる所が無いと思っていましたが、HifiDUINOにはVref(4V)にコンデンサを足せと書いてあります。

 次はこれかなと思っていましたので、さっそく8個ばかし6.3V47μFのOSコンを追加してみました。フルには16個入れる図になっているので様子を見てから足そうかと。

 で一寸聞いてみましたが、これなかなか良さそうです。というかかなり効いている感じです。音全体が滑らかに自然になってきました。8個だけでも結構効きますね。

 こうなると残りも早急に追加する必要がありそうです。同じのでは芸がないので容量とかタイプをとかを変えましょうか。

 まだテスト機で聞いているだけなのすが、今まで特にぱっとしなかったDACですが、やはり筋は良さそうです。明日の三土会でお披露目ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

grigri
2016年01月15日 23:38
 ビアを通してコンデンサーの増量とは、いっぺんに敷居が高くなりました。
 チップ・タンタルの二段重ねでは駄目でしょうか?
 三土会には標準的なfirefaceをDACとして持って行きます。
ケン
2016年01月16日 08:08
 ビアも実際は穴が通っていなくて使えませんでしたので、チップに直付けです。
 タンタルはあまり使ったことが無いのですが、容量的にはかなり大きめが必要のようですのでチップタンタルでありますか?

この記事へのトラックバック