DCX2496の入力I2S接続プロジェクト(その2)

画像
 I2S接続のまずは入力系のDDCにHDMI出力をつけました。

 DDCにはエレアトさんの初代のUDA基板を使っています。コネクタからはI2S接続もできますのでLVDSドライバーを付けてHDMIコネクタ出しにします。
 HDMIはPSオーディオ準拠にしましたが、18Pの電源出しが無し、3.3V、5Vと色々有り、この辺受け側との対応が必要になる点悩む所です。覚えているうちは良いのですが、間違うと動作しなかったり、壊してしまう可能性もありますからちょっと心配。エレアトさんは壊さないように基本的には出さないようです。

 一応I2SのHDMI出力は動作確認が取れましたが、UDA基板の内1枚がWINでのドライバーがうまく認識しません。まあLinuxでは問題なかったので良いのですが、ちょっと気になります。

 次はレシーバといよいよSRCです。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック