HDD増量(その3)

画像
 HDD用の別電源(トランス)にノイズフィルター(ビーズフィルタ5穴)を入れたら起動せず、ハテ?

 最初はてっきりHDDが飛んだかと思いました。ケーブルやコネクタなどを替えても駄目、1Tだと動くのでやはり死んだかと。新品なのに珍しいとは思いましたが、一応確認のためサブ機の起動しない3TをSW電源に繋ぐ何ととちゃんと動きます。

 もう一度電源系を見直しまいたが、給電はちゃんと電圧も出ていまし信号ケーブルも1Tと同じ物です。原因が解らないので更に詳しく調べると3Tは平均電流は1Tより少ないので電源については安心していましたが、どうも起動電流は1Tより大きくなっているようです。

 特に12V系は軽く1.5Aぐらいは行ってそう。それでも(ノンレギュレートのため)多少電圧は下がりますが、致命的ではないはずとは思いましたが、やはり別電源ではスピンドルモータが回わりません。

 そこでフィルターをショートすると無事起動、こんなインダクタンス(10数μHほど)でも結構効いているのですね。

 パラしてみてはいませんが、スピンドルモータは寿命の点からもブラシレスでしょう。今のはセンサレスが多いので起動は初動のタイミングで回すのでこの辺の条件が繊細なのかも。勉強になりました。

 当面は12V系はビーズを外して使いますが、その内ちゃんとレギュレータを入れねば。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック