Hifiberry Digi基板

画像
 RaspberryPi はPCM5102DACを載せてアナログ出力として使っていますが、自宅のメインがデジタル入力のみなので接続が面倒です。そこでオプションとしてHifiberryよりs/pdif出力基板が販売されていますが、これを友人からお借りしたので使ってみました。

 RasberryPiからはI2Sは出ていますがマスタークロック(MCK)がないので普通のトランスミッターICが使えません。Hifiberryはどうしているのかとも見るとウォルフソンのWM8804を使っていました。

 このWM8804はPLLが内蔵されていてMCKを自分で作ってくれます。またデジタルインアウトもあるので(つまりレシーバにもなる?)とても便利なICですね。
 つまり外部水晶をつければOKの様で実際には27MHzの水晶が載っています。MCK出力もあるのでちょっともったいないですが、このチップを載せればMCKが必要な通常のDACチップも使えますね。

 音の方はメインとは比べられませんが、アナログよりはグッとバランスも良くなり結構聴けます。むしろ聞き易いという感じもありますから、この価格(合計1万円ほど)としては上出来ではないでしょうか。
 音源をSDメモリー上に置いてあるのも良いのかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

grigri
2015年03月10日 23:56
 昨年、私もHifiberryに似た物を入手しましたが、価格は香港からの送料込みで1,600円でした。赤外の無線機能付で、丁度27MHzの水晶の左下辺りに受信器があって、AVアンプのリモコンでvolumioのPlaylistから選局ができます。Hifiberryのパチ物の様です。
ケン
2015年03月11日 09:27
 それは安いですね。今ならPi2用のが出るのを待ちかな。

この記事へのトラックバック