USDA-MINI基板+DAC

画像
 久し振りにElctro-ArtさんのUSBDACを製作中です。最近はパタパタとディスコンが続いているので現在残っているのはこれくらいかな。
 DDCにはPCM->DSD変換も付いています。オプションで専用の9018DACもセットで組んでいます。(これも限定のようですが)

 9018DACはシングルですが、RawDSDも含めて自動でMINI基板からDACがコントロールされフル対応でアナログ出力がでます。部品はほとんどがチップで部品調達から手配しなければならないのでちょっと時間が掛かりました。

 まあ一応大体は組み上がりました。細かい所はこれから調整が入りますが基本動作の確認までは出来ましたので大丈夫でしょう。小基盤はS/PDIF出力とサンプリング周波数表示基板です。

 DACはやはり電源系が重要なので、ここも手が抜けません。トランス別の3電源にTIのレギュレータを入れるとかなりのスペースになるので、お陰でケースも大分大きめになってしまいそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック