DCX2496内蔵リニア電源(その3)

画像
 前回は電圧不足?だったので電圧を上げトランスを強化しました。その分トランス内蔵にはなっていませんが、リニア電源とのちがいは試せると思います。

 DCXはかなり電流を食うので、前回はリップル除去のためにコンデンサを増やした分、立ち上がりに時間が掛かってしまったためかうまく立ち上がりませんでした。

 そこでアナログ部分もAC17Vx2でブリッジ整流とし、電源を強化、電圧も±15Vに戻しました。まあ電圧が聞いているのか立ち上がりなのかは確認していませんが、やはり内蔵はトランス特注でもしないと無理かもしれません。これで無事立ち上がり動作しています。

 試作はU字トランスを使用しましたが、ELでも容量に余裕があれば大丈夫だと思います。従来のSW電源とはコネクタで差換えできるので音質比較も簡単に出来そうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック