TotalMix

画像
 REM社のインターフェース用のソフト(TotalMix)が更新されて良くなりました。

 RMEはmultiface、firefaceと使っていますが、中堅どころで音も良くソフトもしっかりしています。今度そのルーティングと音量調整の要のTotalMixが大幅モデルチェンジで過去の機種もまとめて面ど見てくれることになったので早速更新してみました。

 mutifaceはもう一時代前のインターフェースなのでほとんど使いませんが、まだまだ使えるレベルの音質内容は持っています。ただ私自身が音楽用にWindowsを使わなくなってしまったのでこのところはfirefaceでさえLPのリッピングぐらいでほとんどご無沙汰です。

 今回更新にあわせて両者とも聞きなおしてみました。特にTotalMixの更新でどうなったかは興味のあるところです。
 操作性は画面デザインはかなり変わりましたが、基本は同じです。あまり使い倒していないので通常ではほとんど変わらないでしょう。デザインはかなり暗めの色調でもう少し明るい方が良かったのではないでしょうか。

 一方音質的には低域が締まって歪感が減り静かになりました。流石にこの辺は良くなっていますね。multifaceまでも改善されたのでおまけとはいえありがたいです。

 もったいないのでmultifaceもサブ用に少し使えるようセッティングだけはしておこうかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

grigri
2014年10月17日 10:34
 multifaceは、背面にPhone(TRS)の出力が8チャンネル分出ているので、4wayのマルチを行う場合、fireface uc/ucxよりスッキリした構成が組めます。
 fireface uc/ucxの7,8チャンネルは、不細工な事に、ヘッドホーン端子を使って何と、このチャンネルだけアンバランス仕様なのです。音の品質を含めて、まだまだ充分価値が有りますね。
ケン
2014年10月17日 16:40
 なるほどそういう使い方には便利ですね。でもやはりDAC単体としてはfirefaceの方が上ですよ。multufaceは96kHzfsまでですしね。

この記事へのトラックバック