SEAS2Wayネットワーク再検討

画像

 SEAS2Wayも床置きで調整を端折っていましたが、やはりちゃんと調整しなおしました。

 フリースタンディングでフラットに成るようネットワークを調整し直しましたが、バッフル補正はデジタル(もしくはアナログ)フィルターで処理するようにしてクロス点だけネットワークでは合わせています。フィルターは2次(+ノッチ)なので逆相接続です。

 バッフル補正は完全フリーだと理論どおり6dB必要でした。室内測定なので低域は定在波の波がありますが、広いところで聞けばほぼフラットになるでしょう。

 試聴では明るい音色で奥行きがあり、中々良い感じです。まあ室内では低在波の影響で低域の厚みが出ないところがありますが、爽やかに鳴っていてまあ及第点だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック