DCX2496デジタルアウト製作会

画像
 手作りアンプの会プロジェクトでDCX2496のデジタルアウト改造製作会を催しました。

 当日は朝から見学者も含め、大勢の方が集まって頂きました。最終的に10名ほどの方が改造を完了、その場で音出し確認も行い、無事全員一発で成功しました。(まあ1台ちょっと手間取りましたがこちらも改造部分は問題なしでした)

 事前に本体の最新版は基板が改版されていることが解り、組立説明書が急遽2通りの対応となりました。また先行の1台がチップ不良があったりと製作会の出来が心配されましたが、当日は特に大きなトラブルは有りませんでした。オシロまで用意して問題発生時の対応に備えたのですが、皆さん優秀で心配は杞憂でしたね。

 まあこの改造だけでは音は出ませんので、これからどのようなDACを繋げるか、どのようなマルチシステムを組むか、今後の夢は広がると思います。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

「DCX2496デジタルアウト製作会」について
2014年01月12日 17:10
DCX2496デジタルアウト製作会、オーディオ経験、改造スキル共に優れた方が沢山いらして、何とも心強い会ですね(^^)

デジタルIN、OUTが出来るように改造、手間は掛かりますが、この素晴らしいコストパフォーマンスは他機では出来ない素晴らしさですね。
ケン
2014年01月13日 07:46
 BEHRINGERは機能的には某社を上回り、ほとんどマルチアンプに必要な機能はフル装備ですから、これにデジタルアウトが付けば鬼に金棒ですね。
 完成された方は上手く活用してください。

この記事へのトラックバック