S氏宅訪問

画像
 先日1年ぶりぐらいで、S氏のお宅へ伺い聞かせて頂きました。

 スピーカは写真の手作りのMTM2Wayでfoobar2000のプラグインを使ったデジタルマルチで鳴らしています。ですのでDACはFireWire400をそのまま使い、ルビクロックからはFF400にワードクロックを供給。アンプ系はバランス接続でジェフローランドをお使いです。

 部屋を縦使いにしてスピーカは間隔は約1.8m、写真のスタンドも今回自作されたものですね。

 早速聞かせて頂きましたが、昨年はまだ出来立てだったのでバランスがもう一つでしたが、今回はかなり仕上がってきた感じです。特に低域の伸びが素晴らしく、このサイズながら超低域まで充分に鳴らし切ります。高域も素直で粗さの無い滑らかな表現が弦などの微妙な表現に良くマッチしています。
 特にイコライザは使用していないとのことですが、これで全体的に充分フラットになっています。ただボーカル系だと少し膨らむので中低域を少し落とすとすっきりとして更に良くなりました。

 後は部屋の響きと床からの1次反射を少し抑えるように、実験的にスピーカ前に毛布などを敷いてみました。そうすると中域のディップが減り、かつ全体の響きが抑えられるので、滲みが減って音像のピントが合ってきます。S氏も納得で本格的には試聴時はセンターラグなどを用意されるようです。

 ここまでくると自作ながら通常の完成品には望めないグレードで音楽が楽しめますね。中々のシステムになってきました。



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック