T29MF001 twin

画像
 追加で購入したT29MF001をバッフルを付けて、現用メインの対向型スピーカのツィータに組み込みました。

 従来の32DT34とは若干寸法が違いますが、元から前後同じT29MF001を付ける予定で考えていたので、スペーサの寸法を変えるだけで特に問題はありません。内部はユニットエンド同士にスペーサを挟み前後のユニットを通しネジでがっちり留めて振動防止をしています。この辺はウーファと同じ考えです。

 従来と比べ後ろのユニットは3dBjほど上がっているのですが、正面ユニットは変更無しなので、イコライザの調整で高域のレベルはほとんど変更せずに済みそうです。

 新しいツィータはやはり前のよりユニットのクラスが上なので、レベルが高くても静かで分解能高いですね。パワーが入れられるのでダイナミックレンジが更に取れるように成りました。
 少し鳴らし込みながら調整して行きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック