P2D DAC(その6)

画像
 P2D基板を使用したDACに色々手を入れていますが、バランス出力をバッファを入れずにデジフィルから直接取り出してみました。

 8TapのデジフィルはMUSE02でIV変換していますが、そのままでも電流出力として(電圧でも?)取り出せるはずです。もちろんオフセットは取っておかなければなりませんが、バッファ付きでも条件は同じです。

 繋いでいるバランスアンプが簡易型なので評価はあまりあてになりませんが、やはりバッファを通すと馬力は出ますが何となく色がつくようで、素の方が細かい表現が素直なように感じます。

 IVが変わるとオフセットが手動なので調整をやり為さなければならないのが面倒ですね。やはりここはオートにするべきかな。音的にはこちらの方が良さそうですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Greece7
2013年01月15日 15:17
こんにちは。
私は、オフセットキャンセルとフィルタリングを兼ねて、8Tap-FIRをトランスで差動受けしています。いいトランスを使用すれば結構いけると思います。ご参考までに。
ケン
2013年01月15日 16:54
 インピーダンスはどのくらいでお使いですか?
 後、良いトランスは入手性と価格が問題ですね。3Wayとかやると6個もいりますからね。
 お勧めが有れば教えてください。

この記事へのトラックバック