PARC ProjectF試聴会

画像
 今日都内某所でPARC主催の高音質ユニットProctFシリーズを使った「販売前実力探索試聴会」(公称:プロジェクトF イジリ倒し会)があり参加してきました。

 ProjectFはPARC渾身の技術を結集?した特別シリーズということでお値段もさることながら音質も別格というユニットで2Way用のコーンウーファとアルミドームのツィータのペアです。
 詳しいことはあちらのHPを見ていただくとして、今回はその実力を垣間見えるように同じユニットでネットワークとマルチ、エンクロージャも3種類の試聴ができるという珍しい試聴会でした。

 ネットワークではSalveReginaのHippoさんが組み上げたネットワークとSRのシステムでデモをされたのですが、バランスの良い中不思議な魅力のある音でした。アンプ系の音の魅力もあるのでしょうが、その雰囲気を余すところ無く再生するProjectFもかなりの実力です。

 その後では同じエンロージャでマルチ再生となりましたが、こちらは私には聞き慣れた高分解能形のシステムと変身して、残りの2種類のエンクロージャの違いも結構あって面白かったです。写真は最後の分離型で容積は小さいながら低域も健闘してました。むしろツィータの別BOXは振動対策上音質的には一体型より優れているようにも思われます。ネットワークでもタイムアライメントが取れお勧めの方法かもしれません。

 まだ国産でもこういった特徴有るユニットが出るのは捨てたものでもないですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ケンさん、こんばんは。そして、はじめまして。
2011年12月12日 18:32
 驚くことばかりで、1日が過ぎてしまった、って感じでした。そんな場に、よりにもよってアニメの劇伴を持ち込んだ馬鹿者です。

 おっしゃるとおり、17lのエンクロージュアが予想以上の健闘を示したのは、うれしい誤算かもしれませんが、悩みの深まるところかもしれません。いよいよ第一ロットの出荷秒読みですが、早くなんとか予算を工面しなければ……。
ケン
2011年12月13日 07:34
 でも、そんなに違和感はなかったような音楽でしたが。
ProjectFはポテンシャルはありそうですね。自宅試聴をしてみたいです。
ひでじ
2011年12月14日 23:13
こんばんは!先日は良い経験が出来ました。早々退散してしまい、評判がいい171キットとTWボックスが試聴できず、残念です。製品的に成立しずらそうですが、WFとTWは振動的に分けた方が干渉しない分いいんでしょうネ
ケン
2011年12月15日 08:43
 自作の場合はこのスタイルが一番良さそうです。20L弱でもそんなに広い場所でければ結構低域は出そうですね。

この記事へのトラックバック