OmniMIC(その3)オシロスコープ機能

画像
 3番目の機能は普通のオシロスコープの様に入力波形を見る機能です。

 通常は音圧はレベルを見れば充分で波形を見る必要はほとんど無いのですが、おまけの機能でマイク入力の波形が見られます。
 トリガーとか時間軸ゲイン軸(ご丁寧にパスカル表示)も調整でき低域カットフィルターも付いて見やすくなっています。ただし、スピーカの波形再生の能力が低いので正弦波以外はあまりそれらしい波形にはなりません。
 以前マルチアンプでのクロスオーバあたりの波形再現性で三角波を使っている雑誌記事がありましたが、その辺が面白いかもしれませんが、波形には期待しない方がよいでしょう。

 次回は歪測定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック