EL-34シングルをもう一度

画像
 某新春OFF会に出すので聞き直した。T氏に測ってもらったらゲインが少し高めとのことでノイズも大きかったので少し調整。ついでに少し気になっていたところを変更したりしたので送る前に聞きなおしてみる。
 以前よりも音像がまとまってきりっとした表情が好ましい。元々高帰還タイプなので真空管らしさを狙ったものでもないし、半導体ドライブのハイブリッドということもあって余りドライブ素子を感じさせはしないが、メインの半導体アンプと較べてもやはりどこか違う。中域のボーカル帯域の押し出しというか他の音との比較で声がはっきり聞こえる。太いというか張りがあるがそれでいてすっきりと分離するのが気持ちよい。アンプなどで音は変らないという人には関係ないが色々聞き比べてみるのも楽しいものだ。ちなみに脇の筒は電源平滑用の増設コンデンサ。これがまたあると音の雰囲気が変って面白い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック