ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 次世代ウーファの選択(その14)

<<   作成日時 : 2016/12/08 13:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 相変わらずしつこくウーファ選びをやっています。前の23I52の時はフローティング構造が充分でなかったので、再評価のため10C77と同じように吊り構造を入れて作り直し、再装填しました。

 吊り構造のやり方は10C77の時と同じで重心点に吊り金具を仕込みます。変更点としては前面のスピーカ周りのシールをネオプレン?の丸棒からアメゴムのホースにしました。こちらの方が細くて柔らかいようです。あと径も小さいですね。

 組み込み後DATSで確認したところシールの空気漏れかfsが40Hzと予定ほど下がりません。シール位置が悪かったようで、それを見直すとようやく32Hzぐらいの正規の値に落ち着きました。ポート共振の音圧も30Hzぐらいと正常になりました。

 こういう時はDATSは一発で解るので便利ですね。

 やはり振動は以前からは大分減って静かになりました。音の方もこちらの方がまとまりは良さそうです。

 10C77は確かに凄いウーファなのですが、自宅では音色が強すぎてウーファだけが音楽を主張しているような感覚があります。ボピュラー系はまだ良いのですが、クラシックには自宅ではうまくバランスがとれません。切れの良さと押し出しは別格でデモ効果は最高なんですが。
 
 この辺はソース側のJPLAYの低音の強さも結構効いているのかもしれませんね。音調をマイルドにする方法もあるのですが、折角ピシッと出ているところを丸めるのも面白くありません。

 ということで自宅用は23I52になりそうな雰囲気です。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
次世代ウーファの選択(その14) ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる