アクセスカウンタ

ケンのオーディオメモ

プロフィール

ブログ名
ケンのオーディオメモ
ブログ紹介
自作オーディオで楽しんでいます。皆さんもいかがですか。

再生音は総合技術の集積です。入り口から出口までいずれも手を抜けませんし、またそれぞれに奥が深い面を持っています。

自作ではその細かいところまで入ることができ、またそれが面白いのです。

「スピーカのエンクロ―ジャの違いによる再生音圧計算 シミュレーション」をハンドブック形式に改めMCAPの例を追加してHPに掲載

 メインの新しい3Wayスピーカのウーファ変更
 自宅システムレイアウトはこちら,
 自宅のPCオーディオ詳細はこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
mini2Way(その5)
mini2Way(その5)  DENON+Tympanyの2Wayをネットワークのマルチウェイからマルチアンプ対応にしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/21 08:13
i-FLOATboad
i-FLOATboad  ワイヤー吊り下げ方のi-FLOATの簡易版を作ってボードにしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/19 09:18
DCU-F101G対向SP(その5)
DCU-F101G対向SP(その5)  DCU-F101G対向スピーカのポーラパターンを測定してみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/04/17 19:49
DCU-F101G対向SP(その4)
DCU-F101G対向SP(その4)  DCU-F101G対向スピーカの特性を測ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/04/14 17:22
断捨離
断捨離  アンプ系をコンパクトな一体型の方に全面的に変更、思い切って前のアンプ群をすっかり片付けてしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/11 10:12
PC不調は電池切れ
PC不調は電池切れ  先日PCが起動しなくなったのですが、原因は結局マザーのバッテリー切れでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/04/09 21:06
ADコンバータによるLP復帰
ADコンバータによるLP復帰  LP再生系にADコンバータを入れ、デジタル入力のみだったメインでアナログリアルタイム再生が出来るようになりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/08 15:15
DCU-F101G対向SP(その3)
DCU-F101G対向SP(その3)  PARC鑑賞会用のスピーカが組立て上がり、一応形になりました。構成は変則対向3Wayです。(ウーファは後にももう一つあります)ユニットはウーファがUCD-F101Gx2、ツィータはTymphayOT19NC00-04です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2018/04/07 18:23
小型ツィータ(その2)
小型ツィータ(その2)  新作PARCにも応用しようと思って作ったTymphanyのツィータですが、従来のミニ3Way用のツィータとしても使えるようにスタンドをつけました。ツィータはここに差し込むだけです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/05 20:20
ES9023DACの改良(その3)
ES9023DACの改良(その3)  miniSHARKのノイズ対策でDACのコンデンサを一枚だけ交換しましたが、従来との音質比較をしてみたところ結構違いました。  コンデンサの改造後もマルチで聞いていたのですが、これだと改造前後の時間経過もあるのであまりはっきりとした差を感じなかったのですが、偶々DAC違いの比較をするためにシングルでネットワークでの比較をしたところ、DACの違いをはっきり感じました。電源のコンデンサを交換したDACがかなり良くなっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/30 21:16
DCU-F101G対向SP(その2)
DCU-F101G対向SP(その2)  今春のPARC鑑賞会用のスピーカをようやく組み立てています。陽気も良くなり戸外での動きも良くなったところで徐々に形になってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/29 17:26
miniSHARK(その4)
miniSHARK(その4)  先日デジチャンに追加したES9023DACのノイズ対策に翻弄されました。最終的に原因はマルチチャネル間のアースループだったのが解りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/25 18:14
小型ツィータ
小型ツィータ  Tmphany(Peerless)のツィータ、OT19NC00-04のスタンドを作ってみました。このユニットは小型で音の回り込みは良いのですが、フランジが無いので取付方法に工夫が必要です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/03/21 10:54
miniSHARK(その3)
miniSHARK(その3)  その後のminiSHARKはLVDSのI2S出力の3ch分デジタルアウトを増設し、ついでにDACも何とか3ch分載せてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/20 13:26
miniSHARK(その2)
miniSHARK(その2)  今年の1月に購入した基板ですが、ようやく暖かくなってケース加工もする気になったのでまとめてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/03/13 20:37
タンデムラズパイ
タンデムラズパイ  ラズパイトラポも手軽で良いのですが、折角何台もあるのでJPLAYで言うデュアルモードのように2台で動かしてみました。  本格的にはsymphonic-mpdなどがありますが、ちょっと敷居が高いのでgrigriさんに3月8日紹介された単純にVolumio2を載せた2台のラズパイを繋ぐ方法です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/12 18:13
TAS5630 3chアンプ
TAS5630 3chアンプ  簡易マルチアンプ用に3in1の3chデジタルアンプを作成しました。アンプはTIのTAS5630を使用した中華ボードで、木板に600WのSW電源と一緒に取付け100均ケースに入れ込んでいます。(写真左が内部、右が完成形) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/07 15:20
スピーカレイアウト変更
スピーカレイアウト変更  i-FLOATの使い方を変えて全体のストレスを抜くように自宅のメインスピーカレイアウト?を変更しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/05 13:31
i-FLOATボード
i-FLOATボード  前回に引き続き、Taxsisさんがi-FLOATボードが気に入って第2段を作りたいというので、先日金具の穴開けのお手伝いをしたらもう組立て上がりで完成とか。仕事が速い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/04 21:55
メインスピーカ周波数特性
メインスピーカ周波数特性  メインスピーカを配置換えをしてから少し合わせたので、久しぶりに周波数特性を測ってみました。上がRch,下がLchで正面1.2mほどです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/27 17:19
MIDのフローティング(その2)
MIDのフローティング(その2)  前回MIDのエンクロージャをジェルで浮かせて良かったと報告しましたが、スピーカの横配置にしてから奥行き方向の表現が少し足りないように感じられていたので、ジェルの厚みを倍にしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/23 18:08
スピーカコネクタ
スピーカコネクタ  自宅のマルチスピーカの結線をコネクタ1個に標準化して、接続操作性の向上とケアレスミスを無くす工夫をしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/20 17:27
スピーカ横配置の実験(その2)
スピーカ横配置の実験(その2)  前回サプスピーカの横配置を試してみて中々良かったのでメインも移動してみました。元々キャスターも付いているので移動は楽なのですが、つい億劫になって遅くなってしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/19 17:46
Volumio2(その5)
Volumio2(その5)  RasPi外付け?のES9038Q2M-DACの音質改善を試しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/13 21:12
Volumio2(その4)
Volumio2(その4)  RasPiに中華DACで面白そうなのがあったので、ES9038Q2Mの外付けDACを組み合わせてみました(写真左下)。ついでにアマネロのDDCも組み込んでUSBDACとしても使えるようにしました。  これでアナログ出力は2系統、ソースはRasPiとUSB、更にES9038DACボードには同軸と光入力があり、デジタルVR備わっています。これだと入出力の組み合わせは色々あり、結構遊べます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/10 18:11
Volumio2(その3)
Volumio2(その3)  RasPi等にアナログ(リニア)電源を用意してみました。SW電源は手軽で良いのですが、RasPiの音も良さそうですし、折角なのでリニア電源にて見たらどうかと手持ちの電源を少し改造して繋いで見ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/07 08:58
Volumio2(その2)
Volumio2(その2)  Rasberry PieもB3+が入手できましたので、早速組み立てたDACを試してみました。まあ製作時に確認はしていたのでトラブル無く無事音出し出来ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/02 14:21
Volumio2
Volumio2  「RasberyPi3B+」の入手の手配はしましたが、その前に手持ちの旧型の「RasberyPiB」で最新のOSのVokumio2の使い勝手を試してみようとインストールしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/01/30 19:56
RasPiDAC
RasPiDAC  先日手作りアンプの会で何時ものI氏設計のラズパイ用のDAC製作会があり、私も1台作ってみました。DACチップはPCM5122でES9023並みのそこそこの性能ですが、アイソレータや低ノイズ水晶、マルチレギュレータなど工夫されて中々のレベルの設計になっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/28 22:00
スピーカ横配置の実験
スピーカ横配置の実験  スピーカを3WayにしてからAVのスクリーンの関係からスピーカの置き方は部屋に対して縦置配置で聞いて来ましたが、少し気分を変えて以前のように再度、部屋に対してスピーカの横配置を試してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/21 16:40
お出かけminiPC(その3)
お出かけminiPC(その3)  ようやくminiPCプレーヤをJPLAYのデュアルPC化できました。  そこそこ音が良かったので次のステップのデュアルへと移行しようと簡単に考えていたのですが、どうも中々上手くい来ませんでした。  LANチップの問題かもと思ってその辺も試してみたのですが中々上手くいきません。結局問題だったはPCのJPLAYのインストールをシングルモードでしていたためらしく、デュアルPCの設定でインストールし直すとスムーズにつながってしまいました。まだ修行が足りませんね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/17 16:20
miniSHARK
miniSHARK  最近もメインシステムの改良は続けていますが、余り表に書けることが無いのでついポチッた話題を。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/12 21:40
PCの消費電流測定
PCの消費電流測定  ノイズ対策のためにPCのフルリニア電源化が出来ないかと思い、マザーボードでの消費電流を測定してみました。測定は単純に電源延長ケーブルの間に50mΩ程度の微小抵抗を入れてその電圧から計算します。ですのでHDDや光ドライブ等は含みません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2018/01/05 14:49
お出かけminiPC(その2)
お出かけminiPC(その2)  前回は試験中なのでHDDも固定していなかったのですが、なかなか音も良さそうなので持ち運べるようにフィルター等も合わせてシャーシに留めました。  電源電流も実測で2.1〜2.5A(12V)はあったのでアダプタ容量が2Aでは流石に苦しく、3Aのものに変更してあります。なおこれも本体の扱いを楽にするよう内部に固定しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/26 16:42
お出かけminiPC
お出かけminiPC  PCのノイズ対策で大分音質改善できそうなので、持ち出し可能なお出かけPCを考えました。ノートPCは手軽ですが、内部改造は難しいし、以前のトランクPCでも結構大掛かりなので今回は丁度手持ちのmini-ITXのフォームファクターのPC(D945GCLF2D)を使ってみます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/23 10:25
MIDのフローティング
MIDのフローティング  今更ながらですが、MIDをフローティングしてみました。今までMIDは下のツィータとワイヤーでバインディングして固定、最下段のウーファとはi-Floatでフローティングしていたので、これでよいかと思っていましたが、早計でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2017/12/17 09:34
DCU-F101G対向SP(その1)
DCU-F101G対向SP(その1)  次回のPARC鑑賞会用スピーカが入手できたので、少しづつエンクロージャの製作を始めています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/12 08:46
i-Float SPボード
i-Float SPボード  ワイヤー吊りのi−Floatですが、モジュールを組み込んで使い易いスピーカボードにしてみました。重量スピーカにも耐えられるようにボードの四隅と中央にモジュールを入れ5点支持としています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/06 20:54
PARC鑑賞会スピーカユニット
PARC鑑賞会スピーカユニット  次回(第8回)のPARC鑑賞会用スピーカユニットが届きました。今回は有り難くもメーカ無償支給ということでお送りいただきました。有難うございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/02 09:18
MF邸訪問
MF邸訪問  今日はMFさん千葉遠征の折りのご縁で交換交流させて頂けることになり、今度はMF邸をTakeさんと訪問してきました。  MFさんの所は皆さん出入りが多いようなので、当日も午後にはKE2さんとクロス遭遇しましたが、お忙しいところ有難うございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/26 21:11
ES9023DACの改良(その2)
ES9023DACの改良(その2)  ES-9023DACの改良第2段は電源周りです。AVCC、CPCN間、NEGともう一つのローカルレギュレータの出力に10μ35VのニチコンMWを追加。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/24 19:05
Amatiの変則マルチ
Amatiの変則マルチ  Taxsis邸でSonusの初代Amati(Homage)も変則マルチの実験をしてみました。ウーファ側はネットワークをパスしIPD1200、200Hzクロス?で直接ドライブ。中高域はネットワークを生かしてフルレンジで別アンプでドライブします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/21 20:33
ES9023DACの改良
ES9023DACの改良  ローコストES9023DAC基板ですが、まあこれでどこまで行くか少しあたってみました。とはいえシンプルな回路なので余り手を入れる余地は少ないです。  資料が基本公開されていないので正確には解りませんが、マスタークロックが基板上は非同期です。まあ50MHzなので問題は無いのですが、ソース側からマスタークロックが供給できるなら同期させたほうが音はスッキリします。これはESシリーズ共通だと思いますが9018などは周波数が高くなって使い難い点もありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/20 18:15
InterBEE2017
InterBEE2017  久しぶりにプロオーディオの祭典InterBEEに行ってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/17 21:38
CARVERのウーファシステム
CARVERのウーファシステム  CARVER Amagiing Loudspeakerの低音ユニット(DynavoxSW-1220FL)を使ったサブーファを試してみました。対向ペアで組み、エンクロージャは勿論後面開放です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/13 19:58
ES9023DAC
ES9023DAC  以前超安価なES9023DACの音が割りと良かったので、サブ用にとデジアン購入ついでに発注してみました。右側の黄色い基板がそれで、メイン部品ほとんどDACチップのみですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/07 17:42
CARVERのウーファユニット
CARVERのウーファユニット  ApogeeモドキのCARVER Amagiing Loudspeakerに使われている30cmウーファユニットを測定しました。CARVERがそれほど大きくない平面バッフルで低域までフラットに出ている秘密はやはりこの特大のQ値で、実測でも2.5と特異な数値です。  このため低域ではfo付近でピークがあり、これが平面バッフルでの低域減衰を補う形になって低域のレンジを伸ばしている要因の一つだと思います。(測定は近接なので測定レベルは低い。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/11/04 09:17
MagicoV3の変則マルチ
MagicoV3の変則マルチ  最近知りあったご近所のTaxsis邸でMagicoV3のウーファ側ネットワークを外し、バイアンプにて変則マルチの実験中。  低域アンプはLab.gruppenのIPD1200+200V出川パワータップ、高域はSATRI(SP+V5.1+V6)コモンモードフィルター付きSW電源とエビアンプ、それにNECのA10アンプなどで比較しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/03 10:10
TAS5630バイアンプ駆動
TAS5630バイアンプ駆動  サブ用として使用しているTIのTAS5630チップを使ったデジタルアンプを買足してミニ対向スピーカをバイアンプ駆動にしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/31 09:33
アンビエントツィータ
アンビエントツィータ  最近の大型システムでは背面にもう一組のスピーカをアンビエント様につけているものもあります。自宅でもスーパーツィータをアンビエント様につけていましたが、この際ツィータもパラに後ろ向きに追加してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/30 17:33

続きを見る

トップへ

月別リンク

ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる