アクセスカウンタ

ケンのオーディオメモ

プロフィール

ブログ名
ケンのオーディオメモ
ブログ紹介
自作オーディオで楽しんでいます。皆さんもいかがですか。

再生音は総合技術の集積です。入り口から出口までいずれも手を抜けませんし、またそれぞれに奥が深い面を持っています。

自作ではその細かいところまで入ることができ、またそれが面白いのです。

「スピーカのエンクロ―ジャの違いによる再生音圧計算 シミュレーション」をハンドブック形式に改めMCAPの例を追加してHPに掲載

 メインの新しい3Wayスピーカのウーファ変更
 自宅システムレイアウトは改訂中こちら,
 自宅のPCオーディオ詳細はこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
foobarによるDualPC再生
foobarによるDualPC再生  foobar2000でも2台使いのDualPCモードが可能ということで試してみました。foobarはComponetsの追加で機能拡張が出来るのがよい点で、「UPnP/DLNA Renderer,Server,Control Point」をインストールし、機能を振り分けることでDualPCモードができました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/24 08:01
PARC対向SPの復活(その3)二刀流
PARC対向SPの復活(その3)二刀流  対向スピーカは前後配置でのスタガード方式とスピーカを真横に向けて置く方法の2通りの使い方が出来ます。13cm横置きの場合は2Wayだとウーファ側の高域の指向性で、繋がりは少し苦しいのですが何とか2.5kHzでも繋がりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/21 10:57
対向スピーカの振動打消しデータ(その2)
対向スピーカの振動打消しデータ(その2)  前回の振動データで中域のピークが予想外に大きかったので、その原因を調べながら他のスピーカについても対向の振動データを取ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/20 15:42
PARC対向SPの復活(その2)
PARC対向SPの復活(その2)  以前にPARCのDCU-131pp対向SPを検討していましたが、ようやく音出しが出来ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/16 11:37
Volumio2 ラズパイ基板強化
Volumio2 ラズパイ基板強化  RaspberryPiもHifiberryPlusモドキの基板を載せてDACクロックモードで動かすとそれなりによくなりましたが、更に基板上のマルチ電源を強化してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/12 11:24
対向スピーカの振動打消しデータ
対向スピーカの振動打消しデータ  対向スピーカによりユニットの振動(反作用)打消し効果は定性的にははっきりしていますが、この前作ったPARCでの前後でディレイを入れた場合などではどうなるかなど、具体的な検証をするため対向結合時のフレームでの振動データを取ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/10 16:16
ES-9038Q2M 3chDAC(その3)
ES-9038Q2M 3chDAC(その3)  紆余曲折がありましたが、当初の目論みだったminiSHARKの外付けDACとしてES9038Q2Mを繋げることが出来ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/06 11:06
miniSHARK(その6)
miniSHARK(その6)  miniDSPのソフトを96KHzfsに上げた時のノイズ対策にminiSHARK基板上にOSコンを追加しました。結構これだけでも効いている様です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/03 08:03
miniSHARK(その5)
miniSHARK(その5)  デジタルチャンデバのminiSHARKですが、内部のデジタル処理のサンプルレート周波数はカタログ上にも48KHzと96kHzの2種類あります。しかし切り替える方法が分からなくて48kHzで使っていましたが、たまたま96kHz用にするのは別アプリを使えばよいことに気がつき、早速試してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/05/31 08:24
半田鏝温度計
半田鏝温度計  共同購入で中華製の半田鏝温度計を入手しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/28 10:53
LOG ATT V3 製作
LOG ATT V3 製作  遅ればせながら2ch用のリレー式アッテネータを製作しました。同じくI氏設計の4ch用のATTも作ってあるのですが、こちらは結構大きいのでお手軽にスピーカを鳴らすときなどこの小型で手軽にリモコンも使えるATTが便利です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/23 08:07
ES-9038Q2M 3chDAC(その2)
ES-9038Q2M 3chDAC(その2)  3chDACのES9038ですが、その改造前後の録音をUPしてみました。 改造前のノーマルと改造後です。youtubeにUPしましたが上手くいったかな。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/21 17:50
PARC対向SPの復活
PARC対向SPの復活  CVS-1から始まったDCU-F131PPの対向スピーカを復活させようかと思っています。以前も電流アンプ等で使ったり何遍も使いまわしているネタですが、最近作ったF101G対向が結構良かったのでもう一度聞きなおしてみようかというところです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/18 09:33
空気録音?
空気録音?  室内での再生を録音してみました。まあ一応空気録音というらしいですが、先の述べたモノーステレオ方式で録ったので音場は現場の生録とは違い元ソースに近いと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/05/14 11:12
ES-9038Q2M 3chDAC
ES-9038Q2M 3chDAC  ES-9038Q2Mで3ch用DACを製作中。暫定のつもりだったデジチャン内蔵のES9023DACが結構良かったので、外付け本命のつもりだった9038の制作意欲が大分減退してしまいました。それで中々完成に至りませんが、何とか音出しテストができるくらいにはなりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/13 19:57
モノーステレオ?録音
モノーステレオ?録音  モノで片ch毎に録ってステレオに再合成するという録音が面白そうなので試してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/10 10:08
DDC内蔵
DDC内蔵  おでかけminiPCにUDAのDDCを内蔵させました。とは言ってもケース内部に止めてPCから電源を供給しただけですが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/05/08 18:12
PARC鑑賞会用レジメ
PARC鑑賞会用レジメ  鑑賞会開催まで2週間を切りました。発表用レジメを作りましたので此方からもリンクUPをしておきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/07 07:46
Volumio2アドホックモード
Volumio2アドホックモード  ラズパイでのVolumioは便利ですが、アドレス設定の為にどこかにルーター(DHCP)が必要です。というか必要だと思っていましたが、実はVolumio2では自動でアドホックモードでWifi機器と直接つながるとS氏より教えてもらい、早速試してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/06 10:04
OmniMICの音圧レベル
OmniMICの音圧レベル  OmniMICは絶対音圧レベルが直接測れるのがメリットの一つです。それはドライバの起動と共に録音レベルの設定値に33%と自動的に入るためで、校正データが入っていればこれでほぼ音圧表示は絶対レベルになるはずです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/05/05 20:50
SP測定
SP測定  最近取ったスピーカの測定を見直してみました。同じ室内ですが、部屋が違うのでデータも異なってきます。今回は和室なので反射の影響が少ない様です。上がPARCのスタガード2Way、下がSeasの2Wayです(どちらもマイク距離1m)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/01 10:19
DCU-F101G対向SP(その6)
DCU-F101G対向SP(その6)  ツィータ用の運搬ケース(というほどの物でもないのですが、運ぶ時の入れ物)を作りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/30 11:51
Seas2Wayのマルチ化と測定
Seas2Wayのマルチ化と測定  以前のSeas2Way(W18EX001、T29MF001)ですが、久しぶりにマルチ化し、測定&鳴らしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2018/04/26 09:01
SP端子台
SP端子台  SEAS2Wayのスピーカもマルチ化するために端子台をコネクタタイプに変更しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/23 13:57
mini2Way(その5)
mini2Way(その5)  DENON+Tympanyの2Wayをネットワークのマルチウェイからマルチアンプ対応にしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/21 08:13
i-FLOATboad
i-FLOATboad  ワイヤー吊り下げ方のi-FLOATの簡易版を作ってボードにしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/19 09:18
DCU-F101G対向SP(その5)
DCU-F101G対向SP(その5)  DCU-F101G対向スピーカのポーラパターンを測定してみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/04/17 19:49
DCU-F101G対向SP(その4)
DCU-F101G対向SP(その4)  DCU-F101G対向スピーカの特性を測ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/04/14 17:22
断捨離
断捨離  アンプ系をコンパクトな一体型の方に全面的に変更、思い切って前のアンプ群をすっかり片付けてしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/11 10:12
PC不調は電池切れ
PC不調は電池切れ  先日PCが起動しなくなったのですが、原因は結局マザーのバッテリー切れでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/04/09 21:06
ADコンバータによるLP復帰
ADコンバータによるLP復帰  LP再生系にADコンバータを入れ、デジタル入力のみだったメインでアナログリアルタイム再生が出来るようになりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/08 15:15
DCU-F101G対向SP(その3)
DCU-F101G対向SP(その3)  PARC鑑賞会用のスピーカが組立て上がり、一応形になりました。構成は変則対向3Wayです。(ウーファは後にももう一つあります)ユニットはウーファがUCD-F101Gx2、ツィータはTymphayOT19NC00-04です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2018/04/07 18:23
小型ツィータ(その2)
小型ツィータ(その2)  新作PARCにも応用しようと思って作ったTymphanyのツィータですが、従来のミニ3Way用のツィータとしても使えるようにスタンドをつけました。ツィータはここに差し込むだけです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/05 20:20
ES9023DACの改良(その3)
ES9023DACの改良(その3)  miniSHARKのノイズ対策でDACのコンデンサを一枚だけ交換しましたが、従来との音質比較をしてみたところ結構違いました。  コンデンサの改造後もマルチで聞いていたのですが、これだと改造前後の時間経過もあるのであまりはっきりとした差を感じなかったのですが、偶々DAC違いの比較をするためにシングルでネットワークでの比較をしたところ、DACの違いをはっきり感じました。電源のコンデンサを交換したDACがかなり良くなっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/30 21:16
DCU-F101G対向SP(その2)
DCU-F101G対向SP(その2)  今春のPARC鑑賞会用のスピーカをようやく組み立てています。陽気も良くなり戸外での動きも良くなったところで徐々に形になってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/29 17:26
miniSHARK(その4)
miniSHARK(その4)  先日デジチャンに追加したES9023DACのノイズ対策に翻弄されました。最終的に原因はマルチチャネル間のアースループだったのが解りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/25 18:14
小型ツィータ
小型ツィータ  Tmphany(Peerless)のツィータ、OT19NC00-04のスタンドを作ってみました。このユニットは小型で音の回り込みは良いのですが、フランジが無いので取付方法に工夫が必要です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/03/21 10:54
miniSHARK(その3)
miniSHARK(その3)  その後のminiSHARKはLVDSのI2S出力の3ch分デジタルアウトを増設し、ついでにDACも何とか3ch分載せてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/20 13:26
miniSHARK(その2)
miniSHARK(その2)  今年の1月に購入した基板ですが、ようやく暖かくなってケース加工もする気になったのでまとめてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/03/13 20:37
タンデムラズパイ
タンデムラズパイ  ラズパイトラポも手軽で良いのですが、折角何台もあるのでJPLAYで言うデュアルモードのように2台で動かしてみました。  本格的にはsymphonic-mpdなどがありますが、ちょっと敷居が高いのでgrigriさんに3月8日紹介された単純にVolumio2を載せた2台のラズパイを繋ぐ方法です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/12 18:13
TAS5630 3chアンプ
TAS5630 3chアンプ  簡易マルチアンプ用に3in1の3chデジタルアンプを作成しました。アンプはTIのTAS5630を使用した中華ボードで、木板に600WのSW電源と一緒に取付け100均ケースに入れ込んでいます。(写真左が内部、右が完成形) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/07 15:20
スピーカレイアウト変更
スピーカレイアウト変更  i-FLOATの使い方を変えて全体のストレスを抜くように自宅のメインスピーカレイアウト?を変更しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/05 13:31
i-FLOATボード
i-FLOATボード  前回に引き続き、Taxsisさんがi-FLOATボードが気に入って第2段を作りたいというので、先日金具の穴開けのお手伝いをしたらもう組立て上がりで完成とか。仕事が速い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/04 21:55
メインスピーカ周波数特性
メインスピーカ周波数特性  メインスピーカを配置換えをしてから少し合わせたので、久しぶりに周波数特性を測ってみました。上がRch,下がLchで正面1.2mほどです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/27 17:19
MIDのフローティング(その2)
MIDのフローティング(その2)  前回MIDのエンクロージャをジェルで浮かせて良かったと報告しましたが、スピーカの横配置にしてから奥行き方向の表現が少し足りないように感じられていたので、ジェルの厚みを倍にしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/23 18:08
スピーカコネクタ
スピーカコネクタ  自宅のマルチスピーカの結線をコネクタ1個に標準化して、接続操作性の向上とケアレスミスを無くす工夫をしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/20 17:27
スピーカ横配置の実験(その2)
スピーカ横配置の実験(その2)  前回サプスピーカの横配置を試してみて中々良かったのでメインも移動してみました。元々キャスターも付いているので移動は楽なのですが、つい億劫になって遅くなってしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/19 17:46
Volumio2(その5)
Volumio2(その5)  RasPi外付け?のES9038Q2M-DACの音質改善を試しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/13 21:12
Volumio2(その4)
Volumio2(その4)  RasPiに中華DACで面白そうなのがあったので、ES9038Q2Mの外付けDACを組み合わせてみました(写真左下)。ついでにアマネロのDDCも組み込んでUSBDACとしても使えるようにしました。  これでアナログ出力は2系統、ソースはRasPiとUSB、更にES9038DACボードには同軸と光入力があり、デジタルVR備わっています。これだと入出力の組み合わせは色々あり、結構遊べます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/10 18:11
Volumio2(その3)
Volumio2(その3)  RasPi等にアナログ(リニア)電源を用意してみました。SW電源は手軽で良いのですが、RasPiの音も良さそうですし、折角なのでリニア電源にて見たらどうかと手持ちの電源を少し改造して繋いで見ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/07 08:58

続きを見る

トップへ

月別リンク

ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる