アクセスカウンタ

ケンのオーディオメモ

プロフィール

ブログ名
ケンのオーディオメモ
ブログ紹介
自作オーディオで楽しんでいます。皆さんもいかがですか。

再生音は総合技術の集積です。入り口から出口までいずれも手を抜けませんし、またそれぞれに奥が深い面を持っています。

自作ではその細かいところまで入ることができ、またそれが面白いのです。

「スピーカのエンクロ―ジャの違いによる再生音圧計算 シミュレーション」をハンドブック形式に改めMCAPの例を追加してHPに掲載

 メインの新しい3Wayスピーカのウーファ変更
 自宅システムレイアウトはこちら,
 自宅のPCオーディオ詳細はこちら

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
i-Float SPボード
i-Float SPボード  ワイヤー吊りのi−Floatですが、モジュールを組み込んで使い易いスピーカボードにしてみました。重量スピーカにも耐えられるようにボードの四隅と中央にモジュールを入れ5点支持としています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 20:54
PARC鑑賞会スピーカユニット
PARC鑑賞会スピーカユニット  次回(第8回)のPARC鑑賞会用スピーカユニットが届きました。今回は有り難くもメーカ無償支給ということでお送りいただきました。有難うございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/02 09:18
MF邸訪問
MF邸訪問  今日はMFさん千葉遠征の折りのご縁で交換交流させて頂けることになり、今度はMF邸をTakeさんと訪問してきました。  MFさんの所は皆さん出入りが多いようなので、当日も午後にはKE2さんとクロス遭遇しましたが、お忙しいところ有難うございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/26 21:11
ES9023DACの改良(その2)
ES9023DACの改良(その2)  ES-9023DACの改良第2段は電源周りです。AVCC、CPCN間、NEGともう一つのローカルレギュレータの出力に10μ35VのニチコンMWを追加。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/24 19:05
Amatiの変則マルチ
Amatiの変則マルチ  Taxsis邸でSonusの初代Amati(Homage)も変則マルチの実験をしてみました。ウーファ側はネットワークをパスしIPD1200、200Hzクロス?で直接ドライブ。中高域はネットワークを生かしてフルレンジで別アンプでドライブします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/21 20:33
ES9023DACの改良
ES9023DACの改良  ローコストES9023DAC基板ですが、まあこれでどこまで行くか少しあたってみました。とはいえシンプルな回路なので余り手を入れる余地は少ないです。  資料が基本公開されていないので正確には解りませんが、マスタークロックが基板上は非同期です。まあ50MHzなので問題は無いのですが、ソース側からマスタークロックが供給できるなら同期させたほうが音はスッキリします。これはESシリーズ共通だと思いますが9018などは周波数が高くなって使い難い点もありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/20 18:15
InterBEE2017
InterBEE2017  久しぶりにプロオーディオの祭典InterBEEに行ってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/17 21:38
CARVERのウーファシステム
CARVERのウーファシステム  CARVER Amagiing Loudspeakerの低音ユニット(DynavoxSW-1220FL)を使ったサブーファを試してみました。対向ペアで組み、エンクロージャは勿論後面開放です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/13 19:58
ES9023DAC
ES9023DAC  以前超安価なES9023DACの音が割りと良かったので、サブ用にとデジアン購入ついでに発注してみました。右側の黄色い基板がそれで、メイン部品ほとんどDACチップのみですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/07 17:42
CARVERのウーファユニット
CARVERのウーファユニット  ApogeeモドキのCARVER Amagiing Loudspeakerに使われている30cmウーファユニットを測定しました。CARVERがそれほど大きくない平面バッフルで低域までフラットに出ている秘密はやはりこの特大のQ値で、実測でも2.5と特異な数値です。  このため低域ではfo付近でピークがあり、これが平面バッフルでの低域減衰を補う形になって低域のレンジを伸ばしている要因の一つだと思います。(測定は近接なので測定レベルは低い。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/11/04 09:17
MagicoV3の変則マルチ
MagicoV3の変則マルチ  最近知りあったご近所のTaxsis邸でMagicoV3のウーファ側ネットワークを外し、バイアンプにて変則マルチの実験中。  低域アンプはLab.gruppenのIPD1200+200V出川パワータップ、高域はSATRI(SP+V5.1+V6)コモンモードフィルター付きSW電源とエビアンプ、それにNECのA10アンプなどで比較しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/03 10:10
TAS5630バイアンプ駆動
TAS5630バイアンプ駆動  サブ用として使用しているTIのTAS5630チップを使ったデジタルアンプを買足してミニ対向スピーカをバイアンプ駆動にしてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/31 09:33
アンビエントツィータ
アンビエントツィータ  最近の大型システムでは背面にもう一組のスピーカをアンビエント様につけているものもあります。自宅でもスーパーツィータをアンビエント様につけていましたが、この際ツィータもパラに後ろ向きに追加してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/30 17:33
信号系ノイズフィルター(その2)
信号系ノイズフィルター(その2)  結局他のパワーアンプにも入力側にノイズフルターを組込みました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/27 09:06
信号系ノイズフィルター
信号系ノイズフィルター  電源系やデジタル系のノイズフィルターはだいぶ完備してきたのですが、アナログ信号系は後回しになって余り手をつけていません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/24 14:28
Apgee STAGE
Apgee STAGE  この前takeさんの所でApogeeのSTAGEを聞いてきました。中々概観の程度もよく音も本来の性能を引き継いでいるようで良かったです。  STAGEはApogeeの中でも一番小型とはいえ98HX67Wはあり、重量もそれなり(@25kg)にあります。takeさんの所では自作のキャスター台に載せ、楽にセッティングができるようになっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/17 19:37
CARVER Amazing loudspeaker
CARVER Amazing loudspeaker  某所で面白いスピーカを聞くことができました。名前はタイトルどおりでやはり名前からしてアメリカ製の様です。 平板で有名なAPOGEEを参考にした?らしくネットをつけるとちょっと解りません。中高域は同じくリボンタイプですが、違いはウーファが30cmx4のコーンタイプというところでしょうか。(なので全高さは168cm、推奨パワーアンプ最低300W/ch!) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/10 20:51
真空管オーディオフェア2017
真空管オーディオフェア2017  昨日損保会館の真空管オーディオ・フェアに行ってきました。今年はTIASも行きましたが、こちらはマイナーメーカが中心ですが、その分色々特徴がありますね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/09 08:49
Jazz Concert
Jazz Concert  先日安孫子オーディオファンクラブ(AAFC)の企画でJazzConcert+AudioConcertがあり、聞きにいってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/03 08:25
i-Float第4弾
i-Float第4弾  i-Floatはそのままだと吊り下げたほうが倒れてしまい、設置時に起こさなければならずちょっと面倒です。そこで下側のコの字型に輪ゴムを渡して倒れ防止を付けました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/09/25 22:08
i-Float第3弾
i-Float第3弾  前回紹介したウェルフロートもどきのi-Float第2段を色々な機器に使用してみて中々良かったので、作り易さを考え第3弾を試作してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/09/22 09:21
スピーカの設置位置(その2)
スピーカの設置位置(その2)  前回壁からのスピーカまでの奥行き寸法で特性がどの様に変わるかを測定してみましたが、同じ様にサイドの壁からの距離でも同じ様なことがいえるはずです。そこで脇の壁からスピーカまでの距離を変化させ特性をとってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/20 11:49
PC電源200V化
PC電源200V化  DualPCのJPLAY用PCの電源のAC200V(パワータップ経由)供給を試してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/18 16:53
対向スタガード
対向スタガード  前後に対向のスピーカを配置するとどうしても前後の時間差が気になります。音像が滲んだり、打ち消しが起こったりする悪影響が避けられません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2017/09/13 21:02
i-Float第2段
i-Float第2段  2年前に作ったウェルフロートもどきのi-Floatですが、スピーカなどの大型機器には良いのですが、普通に使うにはちょっと大きすぎます。  そこでアンプなどにも使える小型版を作ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/06 12:59
DACの歪率
DACの歪率  DACの歪率を測定する必要があり、ついでに自宅のDACを色々測定し直してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/04 17:09
PowerTap 強化版(その2)
PowerTap 強化版(その2)  前回のパワータップは更なる効果が確認できたのですが、元々嫁ぎ先が決まっていたので今度は自分用にもう一台製作しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/02 19:06
apogeeの測定
apogeeの測定  某所でapogee(Duetta sgnature)の測定をする機会がありました。振動板は張替えられているのでオリジナルとは少し違うかもしれませんが、興味深いデータです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/30 09:11
PowerTap 強化版
PowerTap 強化版  SW電源の強化に別体の出川式1次整流回路(自称パワータップ)の強力版を作ってみました。手持ちで丁度良いコンデンサが無かったので、写真の様な巨コン?を使用、容量を750μFから2700μFに増強しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/08/24 13:46
mini2Way(その4)
mini2Way(その4)  先日三土会でこのスピーカを披露したところやはり手抜きを見破られてしまいました。当初はウーファをフローティング実装の予定でしたが、ちょっと面倒そうだったので普通のバッフル固定で仕上げたところ、ツィータの実力が出ていないとのご指摘、私も聞いてみて(広いところで聞ける機会が無いので)パワー入れるとウーファの振動にもじられて中高音が濁るのが解り、納得です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/21 16:58
スピーカ回転台
スピーカ回転台  Iridium17さんを見習ってスピーカの指向特性ポーラーパターンを測定するためスピーカ回転盤を作ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/08/18 13:48
mini2Way(その3)
mini2Way(その3)  ミニ2Wayも仕上げの段階になりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/14 08:33
mini2Way(その3)
mini2Way(その3)  アライメント調整でウーファバッフルを厚くしてみました。まだこれでも足りませんので試聴時は傾斜をつけてオフセットを更につけると良さそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/12 09:49
スピーカの設置位置
スピーカの設置位置  スピーカの背面からの距離でどの様に特性に影響するかを見てみて、面白いことが解りました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/08 21:36
mini2Way(その2)
mini2Way(その2)  SPWorkshopでネットワークをシミュって作りました。低域はバッフルステップ、高域はマイクがユニット中間なので軸上から外れて少し下がりますが、まあクロスはうまくつながっていそうです。実際のアライメント調整はまだなのでそれはこれからですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/07 10:39
mini2Way(その1)
mini2Way(その1)  12cmウーファの12RW38とpeerlessのXT25SC90-04で早速7Lのボックスに組み込んで軽く音出しをして見ました。 中々予想以上に音もいけています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/06 08:26
12cmウーファ
12cmウーファ  以前にも作っていたのですが、メーカ不詳(DENON?)の12cmウーファがデッドストックで結構残っているので、サラウンド用に小型2Wayで使ってみようか考えています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/02 11:07
ffmpegの更新
ffmpegの更新  JPLAYで使用しているminimServerのサンプルレートコンバータをゴンザエモンさんのアドバイスでffmpegを更新しSoxを使う設定に変更しました。やはりこちらの方が良さそうでうすね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/30 13:20
TAS5630とUcd180の聞き比べ
TAS5630とUcd180の聞き比べ  TIのTAS5630(右)の音質比較でNcoreのUcd180(左)と聞き比べてみました。一言で言えばTASは元気で再生音に力があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/29 15:36
TAS5630アンプ完成
TAS5630アンプ完成  チップをTAS5630に換装したモジュールを組み込んでアンプらししくしました。電源はやはりSW電源を使用します。 ケースは百均のプラ籠が丁度良いサイズでぴったりでした。上には後で板カバーをかける予定です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/24 18:16
拡張ディスプレイモニター
拡張ディスプレイモニター  JPLAY操作用のノートPCに拡張LCDディスプレイを追加してアルバムアートを表示させてみました。というのも今日は遠路のてつさんとTaxsisさん、かなみねさんをお迎えしてオフ会があったからです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/22 20:11
室内の音響分布
室内の音響分布  OmniMICのポーラディスプレイの平面版を利用してリスニングポイントの移動でどの様に周波数特性が変わるかをイメージグラフ化してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/19 21:08
極低音のCD(その2)
極低音のCD(その2)  以前に超低音のCDをUPしましたが、その後もいくつか面白いものがありました。写真のは有名な「驚異のコントラバスマリンバ」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/18 16:38
DAC Link700Hz PC Buffer0.01sec
DAC Link700Hz PC Buffer0.01sec  JPLAYのSettingパラメータで以前はDAC Link700Hzに若干不安定要素があったのでずっと350Hzで使用していました。その後この辺はほとんど見直していなかったのですが、別の話題のきっかけでもう一度700Hzを試してみましたが、今度は無事?安定動作しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/17 19:37
omniMICの測定上の問題
omniMICの測定上の問題  思わぬところからomniMICの周波数測定上の問題に気がつきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/16 17:18
TAS5630に換装
TAS5630に換装  以前使っていたTAS5613のチップをこれも頂いたTAS5630にパワーアップのため換装しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/15 08:20
nearfiled音響測定
nearfiled音響測定  測定環境(室内)の影響を受け難い音響測定としてスピーカにマイクを隣接させるnearfiled測定方法があります。しかしneafiledは振動板半径が半波長までという高域限界があるとされています。  そこで周波数特性を測定するにはfarfiled(つまり1m程度離した測定)と合成するということになるのですが、流石にそうなるとそれだけで手間も増えてちょっと敷居が高くなってしまいます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/11 11:35
ポーラディスプレイ
ポーラディスプレイ  スピーカ測定のOmniMICの機能でポーラパターンの表示があります。そこで普通のドームツィータの2Wayと対向3Wayのデータをとって比較してみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/05 17:09
thirdPC?
thirdPC?  現行はAudioPCとControlPCのDualPCでJPLAYを動かしていますが、もう一台のノートPCのリモートデスクトップでControlPC上のKazooを操作している。こちらは無線LANでの接続になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/07/03 17:01
抵抗切替ATT(その6)外部表示
抵抗切替ATT(その6)外部表示  ちょっと変わった外部表示を試してみました。普通はウッドブロックの様な外観ですが、点等するとLED表示が見えます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/06/30 09:58

続きを見る

トップへ

月別リンク

ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる