ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS USBケーブル改

<<   作成日時 : 2016/03/28 10:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
 前回のUSB-Isolatorでゴンザエモンさんの時との違いが気になったので、使用したUSBケーブルの違いかと思いフィルター入りのUSBケーブルを作成してみました。

 USBケーブルは電源もつながっているので、ノイズの点からは何かと問題になりそうです。バスパワーを使わない場合は不要にも思えますが、無いと動かない場合もあるとかでフィルターを入れておくのが良さそうです。

 そこでまず普通のUSBケーブルをばらして見ましたが、思いのほかシールドはフォイルと網でしっかりと入っていまました。LANケーブルなどとは違って標準で既にシールドが入ってるようです。ちなみにシールド線は鉄?なので半田が効きませんでした。ということで今回のケーブルは入出力でシールドは切れています。(繋ぐと音は少し変わる様ですが。。。)

 対策は電源のプラス・マイナス線にいつものフィルターを入れたのもので(信号線は直結)、ついでに長さも短くしたUSBケーブルを作ってみました。

 ゴンザエモンさんの時と同じようにIsolatorとDDCの間にこのケーブルを入れます。通常のUSBケーブルと比較すると意外にも音調的にはここでも結構変わりますね。
 少し高域が落ちて暗くなる感じですが、中低域が充実した音になります。

 Isolatorの後ですが、これが効くというのは面白いです。Iolator内部の受け側の回路ノイズが伝播してくるということでしょうか?もう一度ケーブル込みで比較しないと詳細は解りませんが、やはり前回はこのあたりを聞いていたのかもしれません。

 こうなると個々の対策でのデータ的な裏づけが無いと、何が効いているか良く解らなくなりますね。ノイズ系は本当に奥が深い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

Computer Audiophile等での議論を参照すると、USBアイソレータに入る前のUSBケーブルにおける変化よりも、後段のUSBケーブルの影響が大きい、とのコメントもありました。DDCとの接続はできれば最短のケーブルの方がいいのかもしれませんね。

なお、当方の電源線へのノイズフィルター挿入は前段のUSUBケーブルの方に入れていますで、対応が逆になってしまっていますね。いずれ試してみたいと思います。
ゴンザエモン
2016/03/28 19:22
 USBの転送モードで、ハイレゾの音源とかビデオ等はアイソクロナス転送でありバルク転送とか、コントロール転送の様にCRC5/16で保証されて無く垂れ流しなので、帯域の確保が重要に思えます。
grigri
2016/03/30 12:38
 ゴンザモンさん、テストでお持ち頂いて試したUSBケーブルはシールドだけでしたっけ。
 入力(PC)側もフィルターケーブル試して見ましたが、少しこもるような感じで余り良くないようです。やはり出力側の方がベターかな。
 
ケン
2016/03/30 17:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
USBケーブル改 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる