ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS HDD増量(その2)

<<   作成日時 : 2015/06/18 17:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 2TのHDDに交換する前に、まずは3TのHDDにデータを入れ聞いてみました。というのも以前からHDDも色々試していますが、結構それぞれで音が違うので、やはり聞いてみないと特徴はよく解りません。ちなみにWDを使っているのは以前3社聞き比べて折に一番良く感じられたからですが、最近のはどうでしょうね。

 メインの1T(WD10EADS)と同じデータを入れた3T(WD30EZRX-1TBP)と交換してみます。接続はeSATAで電源もコネクタでの差換えなので条件は同じ、それ以降の再生環境も全く同じです。ただHDDのアルミベースが1Tは30mm厚を上下2枚ですが、3Tは暫定なので20mm厚を1枚とちょっと差が付いています。(写真上が3Tでその下に1Tがある)

 聞いてみるとこれが予想以上に違います。まず3Tにすると音量が下がった様に感じられます。音調は全体にすっきりくっきりとした調子になりますね。ですのでその分低音は少し薄めになり、むしろ音数が減ったみたいに全体に整理された感じがしました。

 これに比べると1Tは音全体に厚みが有るものの、3Tと比べるとちょっと濁った様にも感じられ、全体に抜けが悪く高域も少し煩いですが、その分音に迫力があり充実しています。

 両者ともそれぞれに利点があるのですが、3Tにもう少し厚みが出ればパーフェクトですね。まあ音量を1段上げればこれは何とかなりそうなので、やはり3Tの方に分があるかな。

 3Tは新しい世代のHDDなので1Tに比べ転送スピードとバッファ容量が倍(6Gb/s、64MB)ですが、これが効いているのでしょうか。こうなると古い2Tを使うよりこのまま3Tを使った方が特徴は出そうです。まあもう少し両者を聞き込んでから決めましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HDD増量(その2) ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる