ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第9回オーディオ・フォーラム

<<   作成日時 : 2014/06/01 08:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 先日潟Aコースティックエンジニアリング主催の第9回フォーラムに参加してきました。

 ここは建築音響専門の会社で、社内に設置されたデモルームでの試聴が毎月行われています。以前から一度行ってみたいと思っていたのでようやく参加できました。

 リスニングルームはビル内に特別設計した天井高3,3m12畳?ほどの専用ルームです。標準装置は
・Network Player sfz DSP 03
・Pre Amp Accuphase C-2420
・Power AmpAccphase P-4200
・SP B&W 805 Diamond
で今回は
・クロックジェネレーター sfzPMC-01BVA
・NAS DELAN1Z
・仮想アースOYAIDEエントレックテルス
がオプションで加わっています。

 試聴前から音楽を流していましたが、非常にくっきりとシャープな音像で、結構残響時間は結構長い(0.5〜6秒)中では印象的でした。良く聞く2Lのサンプル音源などを鳴らしていたので差が良く解ります。自宅でもすっきりした音調と言われていますが、比較するとやはりかなり雑味(部屋の音)を感じますね。

 ただしその分ここでは音像のスケールがあまり感じられずに箱庭的な音場になっている様に思います。クラシックでもホールの響きがあまり感じられずにスタジオ録音の様な風に聞こえるのは装置のせいなのでしょうか。

 NASの違いやクロックの比較も行われましたが、その差は良く解かり、この辺は何時も実感している所です。仮想アースは初体験でしたが、効果は有る様で面白かったです。

 やはりリスニングルームは大きさだけでなく最大の音響装置ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第9回オーディオ・フォーラム ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる