ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS 9018DAC HDMI入力

<<   作成日時 : 2014/05/12 16:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

 ESSの9018DA「Buffalo II」のI2Sデジタル入力をHDMIコネクタにしてみました。

 もとはS/PDIFとTTLレベルのダイレクト入力でしたが、やはりTTLではトランスポートとの接続は不安定なのでHDMIケーブブルによるLVDS伝送で接続するようにしてみました。

 今回は特にアイソレータは入れずにレシーバで直接繋いでいます。S/PDIFとの切替はマニュアルですが、Buffaloの方で両方の入り口を用意してくれていますので簡単です。

 切替に伴って、9018のレジスタ書き換えと表示切替はArduionoでプログラムを書いています。プログラムは既にできていたのですが、手違いで飛ばしていしまったので、少し修正を加えてArudinoを入れなおしました。

 本体にデジタルデータのフォーマット切替機能もあるのでどのようなPCMデータでも大丈夫です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます、

明日 予定通りお伺いさせて頂きますので、宜しくお願いします。

Tさんより、QA550も聴いてみたい、とのことで持っていきますが、HDMIのI2S端子がつけてありますので、こちらとI2S接続も、出来ますね(^^)
audio fun
2014/05/24 07:56
 残念ながらメインにはHDMIが繋がらないので別途サブを用意しましょうかね。
ケン
2014/05/24 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
9018DAC HDMI入力 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる