ケンのオーディオメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS CLIO標準マイク特性

<<   作成日時 : 2013/06/22 17:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

 EarthWorksのM30(DM30)と合わせてCLIOの標準マイクなどを再度測定し直してみました。

 今回はデータに1/6オクターブのスムージングを掛けて比較しましたので見やすくなりました。

 まず上のグラフはCLIO標準マイクとDM30間の偏差で、30KHzまでは相対差はほぼ±1dBに入っています。どちらが正確かは解りませんが、DM30もそのままでも充分標準として使えそうですし、CLIOも30KHzぐらいまでは充分実用になりそうです。

 2番目のグラフは前回のWM61A(内部FETソースカット品)でこれもCLIOとほぼ同じ様な特性で優秀です。WM61Aがすべて良いかというとそうでもなく、3番目もWM61Aなのですが、以前に使っていたマイクでこの辺はばらつきかもしれません。

 まあ後、先端形状の違いということも考えられます。つまり2番目のはマイク単体をリードののみで保持していますが、3番目のは10φのパイプの先端に取付けています。あとソースカットが無いことが違います。

 4番目は参考に通常の20φぐらいのバックエレクトレットコンデンサマイク(ECM54)で12kHzぐらいで12dBぐらいのピークが有りますが、普通の音響用マイクの特性は大体こんな具合ですので、10kHz以上の測定にはそのままでは使えません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
みなさんお使いの(斯く言う私も)ベリンガー8000も比較して頂くとありがたいですが・・・。 個体差が大きくてあまり参考にならないでしょうかね?
nakayama(岡崎)
2013/06/22 20:53
 個人的にベリンガーは持っていないのですが、借りられたら測ってみます。個体差(ばらつき)までは解りませんが、目安にはなるでしょう。
 後は指向性の問題もありますね。軸を外れるとどのくらい下がるかが興味が有ります。
ケン
2013/06/23 07:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
CLIO標準マイク特性 ケンのオーディオメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる